【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

ミュンヘンの穴場スポット『ヴィクトアリエンマルクト』でお手軽ランチに!

ミュンヘン最大市場のヴィクトアリエンマルクトでドイツ料理を格安で堪能できる!?

ヴィクトアリエンマルクトの外観画像



結論からお伝えします!


今回ご紹介する『ヴィクトアリエンマルクト』はランチ場所としてお勧めできる、穴場スポットです!!



こちらはミュンヘン市内最大の市場として、地元の方が野菜や果物などの食材を買いに訪れる場所となりますが、



が!?



実は市場であると同時に、

ビアガーデンも併設されています!!



基本的にどこの市場でも試食ができるので食べ歩きを楽しめますが、観光客である私達にとって、荷物が邪魔で気軽に楽しめなかったりすることが多いと思います。



かくいう私も、手を汚してしまって手洗い場所を探し回ることも多々。。。



ですが!?



こちらにはビアガーデンが併設されているので、席に着いてゆっくり食事ができます!



しかも、ビールと一緒に!!



ヴィクトアリエンマルクトで売られている料理を購入して、そのまま食べることができるので、ドイツ料理を市場価格(お手頃)で食べられる場所として最適だと思います。



それでは、市場に並ぶ食材やビアガーデン、そして最後にアクセス情報まで詳しくご紹介します!

ヴィクトアリエンマルクトはミュンヘン最大のマーケット!

ヴィクトアリエンマルクトの市場の様子



ヴィクトアリエンマルクト(Viktualienmarkt)はミュンヘン市内で最大規模を誇るマーケットであり、「ミュンヘンの台所」として連日、多くの人々で賑わっています。



名前の由来について、ヴィクトアリエン(Viktualien)はラテン語で「食べ物」、マルクト(markt)は「マーケット・市場」という意味です。



敷地内には約140店舗が出店しており、ドイツ国内の食材はもちろん、ヨーロッパや中東、そしてアジアなど世界中の食材が揃っており、市場を見て回るだけでも楽しめるスポットです。



嬉しいことに、ヴィクトアリエンマルクトは最大市場にも関わらずミュンヘン市内中心部に位置しており、マリエン広場からも徒歩圏内!



ビアガーデンでミュンヘン市民と一緒にバイエルン料理を堪能できるだけでなく、周辺にはワインが飲めるレストランなど落ち着いて食事できる場所も併設されているので、是非、空腹時に訪れることをお勧めします。




市場ではお土産まで何でも揃います!!



ほんの一部ですが、ヴィクトアリエンマルクトで見つかる食材やお土産について簡単に紹介します。


ヴィクトアリエンマルクトの野菜売り場
ヴィクトアリエンマルクトの野菜売り場



1個単位だけでなく、100gや1kgなど重さ単位で値段が書かれており、量り売りでも購入できます。



ヴィクトアリエンマルクトの果物売り場
ヴィクトアリエンマルクトの果物売り場



日本ではあまり見かけない果物など色とりどりの食材が並んでおり、市場を見て回るだけでも楽します!



ミュンヘンは海に面していませんが、海鮮系の食材も豊富でした。


ヴィクトアリエンマルクトの鮮魚売り場ヴィクトアリエンマルクトの鮮魚売り場
ヴィクトアリエンマルクトの鮮魚売り場



鮮魚だけでなく調理済みの料理も売られているので、ドイツ料理の定番のソーセージだけでなく、魚料理もリーズナブルに堪能できます。


ヴィクトアリエンマルクトで食べられる魚料理ヴィクトアリエンマルクトで食べられる魚料理
ヴィクトアリエンマルクトで食べられる魚料理



鮮度を保った状態でちゃんと冷蔵されているので、食中毒の心配もなさそうです。


魚サンド(Fischbrötchen)
魚サンド(Fischbrötchen)



こちらは、ロールパンに酢漬けにされた魚と玉ねぎなどの野菜を挟んだだけのシンプルな料理。


ドイツで魚はあまり食べられませんが、魚サンド(Fischbrötchen)はドイツの定番料理
。魚フライではなく酢漬けになるので、さっぱりした味わいが特徴で小腹が空いたときにちょうど良さそうです!




最後に紹介するのはクマのぬいぐるみ!


ヴィクトアリエンマルクトのLINDESA(リンデザ)
LINDESA(リンデザ)


ぬいぐるみは冗談ですが、、、
ヴィクトアリエンマルクトではLINDESA(リンデザ)というドイツ定番のハンド&スキンケアクリームも購入できます。



お土産としても喜ばれるので、ヴィクトアリエンマルクトで旅行のお土産をまとめ買いするのも良いかと思います。



他にも、はちみつやパスタなどに使用できる香辛料、ドイツ定番のグミなどもお土産としてお勧めです。




ビアガーデンでドイツ料理を堪能!!



ヴィクトアリエンマルクトにはビアガーデンが併設されているので、市場で購入したものを、その場で、ゆっくり座って食べることができます。


  • ドイツ料理が食べたい!
  • できればリーズナブルに食べたい!!
  • 欲張るとワイワイした雰囲気で食べたい!!!



上記の全てがこちらのビアガーデンで叶います!!!!


ヴィクトアリエンマルクトのビアガーデン
ヴィクトアリエンマルクトのビアガーデン



いかがですか?!



私が訪れたのはオフシーズンの月曜日でしたが、昼間から大勢の方で賑わっていました。



旅行者だけでなく、ミュンヘン市民も昼間からビールを飲んで賑やかな雰囲気です。



実は、私は節約の為に我慢してビールを購入しませんでしたが、ビールを注文されなくても問題なく座れます。



私は一人で訪れましたが、テーブルを探していると先に座っていたお客さんが私の為にスペースを空けてくれてすぐに座れました。



そして、私が注文した料理はこんな感じです⬇

ヴィクトアリエンマルクトで購入できる料理
ヴィクトアリエンマルクトで購入した戦利品



定番のソーセージと魚料理2品です。


ヴィクトアリエンマルクトで購入した魚料理ヴィクトアリエンマルクトで購入した魚料理
新鮮な魚料理たち


ソーセージは言うまでもなく、焼き立てでジューシーで美味しかったですが、魚料理については想像以上に美味しく、ちょっと感動しました。



ちなみに、
3品あわせて13ユーロほど。(ジュース含む)



激安という程ではありませんが、レストランで食べるよりもリーズナブルなのでコスパは良かったです。



綺麗な皿に盛り付けられているわけでないので少し味気ないですが、天気の晴れた青空の下、ミュンヘン市民と一緒に賑やかな雰囲気で食べる料理は格別でした!




営業時間とアクセス方法について


■住所

Viktualienmarkt 3, 80331 München


■地図


ミュンヘンのシンボル「新市庁舎」から徒歩5分の距離です。



■営業時間

月-金曜:午前9時頃-午後6時頃
土曜:午前9時頃-午後4時頃
日曜:定休日

※営業時間は店舗によってバラバラです。午前9時でも閉まっている場合があります。

※白ソーセージが食べたい場合は午前中しか提供されていない店舗もあるので注意してください。




まとめ:ヴィクトアリエンマルクトは市場価格で新鮮な料理が堪能できます!

ヴィクトアリエンマルクトの市場



本日はミュンヘン市内の穴場スポットとして、ヴィクトアリエンマルクトを紹介しました。


ヴィクトアリエンマルクト自体は有名な観光スポットであり、穴場スポットとは言えないかもしれませんが、『ビアガーデン』の存在は知らない方が多いと思ったので穴場スポットとして紹介しました。


ビアガーデンの雰囲気は本当に最高です!


私は一人旅で訪れましたので当然、テーブルでは相席となりますが、隣のお客さんも笑顔で迎えてくれて、乾杯したり、みんなでワイワイしている雰囲気は今でも思い出せるほど。


青空の下、ドイツ料理をお手頃価格で食べられるので節約旅行の方にも最適です!



そして市場散策については、ドイツの一般家庭ではどんな食材が食卓に並ぶのか?どんな食材が料理に使われるのか?も知ることができるので、知識としても勉強にもなりますよ。


というわけで本日は以上です。



ちなみに!

当時訪れた際の一人旅について、旅行記を書いています!!


私目線で感じたことを思うままに書いてますが、旅行のチップスや読み物としても楽しめる内容になっているので是非、読んでください!!!


感想やコメントも遠慮なく!TwitterもOkです!!

では!



ブログ村のランキングに参加しています!


私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



※スターが付けられない場合があります。
ブックマークでコメントもらえると嬉しいです!