【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

ドナウ川の絶景を攻略!ブダ城(王宮)への行き方と周辺の観光情報

ハンガリーの首都であるブダペストを観光する際は、ドナウ川の絶景は絶対に外せません!!



そして、今回ご紹介する観光情報について。



なんと!?



ほぼ全て世界遺産です!!



1987年にブダペスト、ドナウ河岸とブダ城」として世界遺産に登録されており、また2002年にはブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」として拡大されています。



つまり、ブダ城(王宮)周辺の街並み自体が世界遺産に登録されています!



この記事では、
ブダ城(王宮)から見れる「絶景の眺望ポイント」「ブダ城の観光施設情報」そして「ブダ城(王宮)周辺の観光スポット」についてアクセス方法も合わせて世界遺産を丸ごと紹介します!




ブダ城(王宮)はドナウ川が眺望できる人気の観光スポット

ブダ城と鎖橋



ブダ城からは『ドナウの真珠』『東洋のパリ』とも言われる美しい絶景を眺望できます。



またブダ城周辺には様々な観光スポットが点在しているので、夜景だけでなく昼の観光も楽しむことをお勧めします。




ブダ城(王宮)の眺望ポイントについて

ブダ城(王宮)から見た昼間の絶景



ブダ城は13世紀に建設されてから、これまでに何度も戦争により破壊されました。第二次世界大戦で大規模な被害を受けたことを最後に、20世紀半ばに修復されて今に至りますが、現在は王宮としてではなく、美術館や博物館として、そして王宮の丘を含めて市民の憩いの場として利用されています。




ブダ城(王宮)の眺望ポイントの場所

ブダ城(王宮)の外観



ブダ城のある王宮の丘では、どこからでもドナウ川の絶景を見ることができますが、撮影スポットとして最もお勧めできる場所をここでは紹介します。



ブダ城(王宮)前にある銅像




ブダ城(王宮)の入口に銅像がありますが、これより更に奥に進んだところに展望台があります。




ドナウの真珠の眺望ポイント




上の画像は展望スポットから撮影しているので、参考にしてください。



漁夫の砦のある、三位一体広場の反対側に位置しているので、先にマーチャーシュ聖堂などを観光した後に訪れると順序よく観光できます。




ブダ城(王宮)の行き方・アクセス方法

鎖橋から見たブダ城




ブダ城(王宮)までのアクセス方法は大きく3つあります。



【アクセス方法】

  • 徒歩
  • ケーブルカー

個人的には徒歩で訪れる方法をお勧めします。



ブダ城(王宮)のある丘の下



正面のトンネルを前方にして、左右どちらからでも王宮の丘に辿り着きますが、右側から向かう方が「漁夫の砦」を先に訪れることができるのでお勧めです。



セーチェーニ鎖橋の手前のトンネル




トンネルの左側にあるケーブルカーでもブダ城(王宮)までダイレクトに移動できます。



ブダ城(王宮)に直通のトロッコ




体力に自信のない方は、
先にトロッコで王宮の丘に登り、最後に漁夫の砦を観光し徒歩で下る順序もお勧めです。



■営業時間
月–日 7:30-22:00

■運賃
大人片道400円。(往復600円)
子供片道230円。(往復360円)

※子供は3-14才まで。3才以下は無料です。

支払いは現金のみ受け付けなので注意してください。



ブダ城(王宮)の地図も載せておきます👅




ブダ城(王宮)の眺望ポイントの営業時間と入場料



冒頭で紹介した眺望ポイントの展望台は、無料で利用できます。



そして!?



ブダ城のある王宮の丘は観光スポットとしては珍しく、

夜12時まで入場できます。



そのため遅い時間帯に訪れても、ドナウ川の眺望を思う存分、楽しめます。




ブダ城(王宮)から見たドナウの真珠の絶景



昼間に訪れるとこのような景色が眺望できます👅

ドナウ川の昼間の絶景



こちらからは、セーチェーニ鎖橋や国会議事堂などドナウ川に隣接する建物も綺麗に眺めることができます。



こちらでも十分すぎるほど素晴らしい絶景ですが、夜は更に違った景色を鑑賞できます。



ブダ城から見たドナウ川の夜景



やばくないですか?!



ドナウ川の夜景については、この記事の最後にリンクを載せているので良かったら参考にしてください。




ブダ城(王宮)の観光情報

ブダ城(王宮)の外観


ブダ王宮は旧王宮のため、現在は国立美術館や博物館として利用されています。


時間に余裕のある方は是非、訪れてハンガリーの歴史や文化を目で絵画や歴史的資料から学ぶことをお勧めします。




ハンガリー国立美術館について



こちらでは中世からルネサンス、近代まで幅広い時代の絵画や彫刻が展示されており、ハンガリー美術家の作品としては国内最大級です。




ハンガリー国立美術館の営業時間



■営業時間
火−日曜:午前10時〜午後6時
月曜:定休日




ハンガリー国立美術館の入場料



■入場料
1,100HUF(約350円)


※写真撮影する場合は、別途2,500フォリント(約800円)必要となります。




ブダペスト歴史博物館について



ハンガリーの歴史を学べる博物館として、初代王聖イシュトヴァーンの戴冠式のローブや家具に装飾品、そして武具など様々な歴史的価値のある資料が展示されています。




ブダペスト歴史博物館の営業時間



■営業時間
火−日曜:午前10時〜午後6時
月曜:定休日




ブダペスト歴史博物館の入場料



■入場料
大人:2,400HUF(約800円)
子供:1,200HUF(約400円)
高齢者:1,200HUF(約400円)


※子供(6−26歳)、高齢者(65−70歳)でそれ以外の方は無料です。


ブダペストカードがあれば無料で入場可能です。




ブダ地区の眺望ポイント(夕日鑑賞)

ブダ地区の眺望ポイント



ブダ城(王宮)から眺望できるドナウ川周辺(ペスト地区)の絶景が一番の見所ですが、

ブダ地区の夕日鑑賞を忘れずに!!



王宮の丘でドナウ川の反対側に向かって歩くと、そこからブダ地区の絶景を鑑賞できます。




ブダ地区の眺望ポイント(ブダ城裏側)




夕日が鑑賞できる午後7時半から8時頃がベストな時間帯。



ブダ地区の眺望ポイント(夕日鑑賞)




商業地区であるペスト地区とは違った光景を目の当たりできます。



ブダ地区の眺望(パノラマ)




ブダ城(王宮)周辺のお勧め観光スポット

三位一体広場



ブダ城(王宮)周辺には観光スポットが密集しています。



ブダ城のすぐ隣に三位一体広場があります。



ちなみに、こちらが三位一体像になります👅

三位一体像



三位一体広場で特に必見の2つの観光スポットについてご紹介します。




マーチャーシュ聖堂

マーチャーシュ聖堂



ひときわ大きな建物が、広場の中心にあります。



マーチャーシュ聖堂の全景



こちらがマーチャーシュ聖堂です。



14世紀後半に建てられた教会で、過去にオスマントルコブダペストを占領した際にはモスクとして変貌を遂げた過去もあり、歴史的にも価値のある教会です。



特に後期ゴシック様式の白い壁が太陽に照らされて光り輝く姿に感動させられます。



写真は若干、加工していますが、、本当に真っ白な教会で驚かされました。




漁夫の砦

漁夫の砦



漁夫の砦は、1902年に建国千年祭における市街美化計画の一環として建てられました。




漁夫の砦を見上げた様子




ネオ・ロマネスク様式で建築された白亜の要塞で、見た目も美しくどこでも絵になります。



そして、こちらの回廊はドナウ川の眺望スポットとしても人気があります。




漁夫の砦の回廊




眺めは抜群によく、目の前には国会議事堂がはっきりと見えます。



ドナウ川と国会議事堂



漁夫の砦には2階にも上れますが、有料となります。



個人的には無料で絶景を鑑賞できる冒頭で紹介した場所をお勧めしますが、2階からも美しい街並みを眺望できます。



ブダペストにある国会議事堂




世界一、美しいといっても過言ではない程ですが、夜の国会議事堂はそれこそ半端ないです。




ライトアップされたブダペストの国会議事堂



もはや、国会議事堂とは思えません。。



国会議事堂だけでなく、ブダ城(王宮)含めドナウ川周辺の多くの施設がライトアップされます。



これだけ美しい夜景が見られるのは、ライトアップされない施設は景観を損ねないように明るい照明を使用していないことも要因との事です。




ドナウ川の絶景を攻略:まとめ

ドナウ川の絶景



今回はブダペスト観光の最大の見所である、ブダ城(王宮)と周辺の観光スポットについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。



私が実際に観光した際は、美術館や博物館は訪れませんでしたが、所要時間としては約4時間でした。



渡しの場合はハンガリー最古のパティスリーである、ルスヴルム (Ruszwurm)を訪れたかったので人混みを避ける午後5時頃に観光を始めました。



asia-ttamonse.hatenablog.com



美術館なども入場する場合は営業時間が午後6時までなので、もっと早く観光開始するべきですが、午後5時頃はツアー客や夜景を見に訪れる方もまだいない時間帯なのでお勧めですよ。

※一番のベストは早朝です。



そして、

ドナウ川の絶景は昼間だけでなく、特に夜景がお勧めです!!



世界遺産の街として、ブダ城(王宮)はもちろん、ドナウ川の周辺にあるほぼ全ての観光施設がライトアップされるので、幻想的な景色に感動すること間違いなしです。



ドナウ川の夜景を知れば、『ドナウの真珠』といわれる由縁にも納得できるはずです。



詳しくはこちらの記事で紹介しています👅
■準備中です、、



というわけで本日は以上です。



皆さんの旅行の参考になれば幸いです。


では!!



ブログ村のランキングに参加しています!


私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



最後のさいごに、

Twitterを開設したので、こちらをフォローして頂けると嬉しいです!
ゾノ(@Zono_travel



基本的にはブログ更新情報とポジティブな考え方を発信しています。そこまで頻繁にツイートしていないのでストレスにはならないかと思います。



コメント頂ければ、もちろん返事します!
気軽によろしくお願いします!!

※スターが付けられない場合があります。
ブックマークでコメントもらえると嬉しいです!