【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

モンサンミッシェルのオムレツはお勧めできない?食べた感想を辛口レビュー!!

ラ・メール・プラールの店内風景


どうも!辛口コメントに定評のある、ゾノです!笑



今回ご紹介する、ラ・メール・プラール(LA MERE POULARD)は、世界遺産に登録されたモンサンミッシェル1888年に創業した老舗であり、モンサンミッシェルの名物料理とも言える『元祖オムレツ』を提供するレストランです。



そして観光情報を少し調べた方はご存知だと思いますが、


めちゃめちゃ評判が悪い!!笑


・味が全然しない!

・とにかく不味い!!

・スタッフの態度が悪い!

・値段がぼったくり価格!!


こんな感じでネットで調べても、お褒めの言葉がほとんどない。。。



そして、Googleのレビューも2,000人以上の方から、悲しいことに「評価3.2」と有名レストランにしては有り得ない低評価。



滅多なことで悪く言わない私の友人でさえも、「モンサンミッシェルの幻想的な雰囲気は良かったけど、オムレツは食べて後悔した」とまったくお勧めしない始末。



ここまで酷い言われようだと、、

実際に不味いのか、
逆に気になる!!



皆さんも、そうですよね??



というわけで本日は『ラ・メール・プラールの元祖オムレツ』について、実際に食べた感想をもとに辛口レビューをしたいと思います!笑




ラ・メール・プラールの歴史について



ここでは少し真面目に説明します!



まず、モンサンミッシェル「西洋の驚異」とも称される、フランス西海岸のサン・マロ湾上に浮かぶ孤島に建てられたカトリック教徒の聖地であり修道院です。
※聖ミカエルの山という意味であり島全体を指します。



今でこそ陸地と孤島に橋が架けられて容易に海を渡ることができますが、当時は急な大潮が原因で多くの巡礼者が潮に流されて命を絶つなど困難を極めていたそうです。



そして、ラ・メール・プラールは1888年に宿屋兼レストランとして島内で創業を始めましたが、店名にもなっている創業者のアネット・プラールさんが体力の消耗した巡礼者にオムレツを振る舞われたことからモンサンミッシェルの定番グルメとして根付きました。



なんでオムレツ?!



そう思われたかもしれませんが、孤島では肉や野菜、果物は多くの備蓄がない為、比較的入手のしやすい卵を使い、簡単に早く調理できて見た目にもボリュームのあるスフレ状のオムレツが考案されたそうです。



店名に「メール」と付いてますが、こちらはプラールさんが700以上のレシピを考案される程の腕前の料理人であり、フランスのガストロノミー界に決定的な影響を与えたとして授与された称号になります。



ラ・メール・プラールを訪れた際は「元祖オムレツ」はマストだと思いますが、それ以外にも海幸の料理など様々なメニューも提供されています。



巡礼者を癒やしたオムレツや心温まるエピソードもあってか、現在ではモンサンミッシェルに留まらず、フランスでも有名なレストラン。
※今も3つ星ホテルとして宿泊可能です。



どのくらい有名かというと、昭和天皇陛下やイギリスのサッチャー元首相、そしてヘミングウェイやイブサンローランなど名だたる著名人が訪れています。



ある意味、グルメに留まらず「モンサンミッシェルで必見の観光スポット」とも言えるかと思います。




ラ・メール・プラールの店舗情報



【店舗情報】
モンサンミッシェルにあるラ・メール・プラールの店舗外観
※最も賑やかな通り「グランド・リュ」沿いです。



■住所
BP 18 Grande Rue, 50170 Le Mont-Saint-Michel, フランス
(GoogleMapはこちら)


■電話番号
+33233896868


■営業時間
11時〜22時
※営業時間は変更になる可能性があります。


■公式サイト
https://lamerepoulard.com/
※こちらでテーブル予約も可能です。


■補足




ラ・メール・プラールの個人的評価



お待たせしました!



これより、オムレツを食べた辛口レビューです!!



■個人的な評価

  美味さ★★★☆☆
ボリューム★★★☆☆
 待ち時間★★★☆☆
  雰囲気★★★★★
   価格★☆☆☆☆
   総合★★★☆☆


総合的な評価としては『星3つ』です。



ん?!



辛口レビューと言いつつ、星3つは及第点。



意外に思うかもしれませんが,

全然、お勧めできます!!



個人的な意見ですが、

むしろ「間違った認識」が低評価を招いていると思います。



また、日本で一般的なオムレツと似て非なる料理なので、イメージと違ったことで悪く言ってるのではないかなと。




実際にオムレツを食べた感想



なぜお勧めできるのか!?



私が実際に食べたオムレツについて写真つきで詳しく紹介します!



まずは早速、肝心の元祖オムレツから!!



ラ・メール・プラールのふわふわオムレツ



どうですか?



一般的なオムレツと違って、見た目はとろとろ。



食感は柔らかめで好き嫌いが分かれるところだと思いますが、写真だと不味そうには見えないはず。



こちらは、3つの卵とお土産としても人気がある地元産バターを使用してスフレ状に泡立てることでフワフワ食感を生み出してます。



ラ・メール・プラールのふわふわオムレツの調理風景



店舗の外からも調理風景が見学できますが、創業時と変わらない手法で、長い柄のフライパンを薪の中に入れて焼き上げています。



間違いなく、「卵」好きはこれだけで美味しいと思えるはず。



ただし!?



勘違いしてる方が多い気がしますが、これだけじゃ単に卵を焼き上げただけなので味は極端に薄いです。


POINT

  • ラ・メール・プラールは人気のレストランで料理の値段は観光地プライス

  • コース料理も注文できるが単品でオムレツのみの注文も可能

  • 単品のプレーンオムレツだけの注文はお勧めしない


はっきり言って、これだけの注文だと味に不満がでます。



だって、

ただ卵を混ぜて焼いただけですから!!笑



私は大の卵好きなので、これだけでも少し塩を振りかければ美味しく感じますが、普通の人は満足できないはず。



ラ・メール・プラールのふわふわオムレツ



先に伝えますが、

単品のオムレツだけで4,000円以上します!



別に、最高級の卵やバターを使っているわけでなく、モンサンミッシェル「オムレツ発祥の店」というブランドもあって、値段は観光地価格で提供されています。



ただ正直、これだけだったら1,000円の価値もないはず。



そして、大事なことを伝えます。



必ず、付け合わせを注文してください!
※一番安い「野菜」以外です。



付け合せでパンが付いてますが、パンとサラダに単品のオムレツだけだと、ホテルの朝食で出されても不満のレベル。



さすがに、これだけで一人4,000円も取られたら「がっかり」します。



そして、私が追加注文したのはこちら!



付け合わせのマッシュルーム



追加でマッシュルームを注文しましたが、単品で食べても間違いなく美味しい料理。



そして、注文したオムレツと一緒に絡めると、、、



マッシュルームをオムレツに絡める



ちょっと写真が下手くそですが、塩分の効いたマッシュルームにとろとろのオムレツが絡まるとマイルドな味に変化して美味!!



一般的なオムレツと違ってスフレ状に仕上げたことで小さな気泡がいっぱいで、シュワッとする、これまでに感じたことのない食感も感動します。



そしてボリュームもあるので結構、お腹いっぱいになります。



考えてください!



半熟オムライスとマッシュルームの組み合わせ、


不味くなるわけがない!!



これだけで値段は40ユーロ(約5,000円)となりますが、間違いなく、満足度と満腹度は増します!



おそらくですが、

低評価レビューの大半は、単品オムレツを注文された方、日本人感覚で接客を期待された方だと思います。



例えばですが、英語も話せない方が行列ができる人気レストランでカタコトで単品のオムレツだけを注文。



しかも、1つのオムレツをシェアできないか当たり前に質問。



フランスはコース料理が食文化です。



そして基本的に料理のシェアはマナー違反。



笑顔満点の接客が受けられると思いますか??



私がウェイターだったら、

  • 「フランス語はともかく英語も話せないのに観光ですか。」
  • 「席の少ないピーク時にオムレツのみ注文ですか。。」
  • 「単品メニューをシェアしたいって、フランス文化を知らないのでしょうか。。。」


こんな感じで、心の中で思うかも。



低評価レビューの中に、お店の対応が横柄だった!のような口コミもありましたが、ウェイターの接客態度が悪いのは必ずしも、お店側に問題があるとは言えないかと思います。


MEMO

こちらのレストランでは単品の注文も可能です!


また値段は「ぼったくり価格」と言われても仕方ないですが、先ほどから伝えているとおり、こちらは人気店。



ラ・メール・プラールの店内の雰囲気



数々の有名人やVIP、そして昭和天皇陛下もご来店されたレストラン。



お値段には雰囲気を味わえる「テーブル料」ならぬ追加料金が発生したとしても不思議ではないかなと。



それに当たり前に700円〜800円で提供していたら、大行列ができてしまって、事前予約できたとしても訪れる当日は満席で入れない可能性が高いと思います。



私は個人的評価で、価格は星1つ、雰囲気は星5つにしました。


  • 名物料理オムレツ発祥のレストラン

  • 有名人も来店する有名レストラン

  • 値段は高いが満足度は高い


オムレツの値段が高いのは間違いないですが、せっかくモンサンミッシェルを訪れるならスルーするのはもったいないです。



むしろ、たとえ実際に食べて不味かったとしても、土産話や話のネタにもなるので、全然、元が取れます。



補足として、
私はコース料理を注文してませんが、ウェイターから嫌な顔などされていません。



改めて言います、

ラ・メール・プラールを訪れても後悔しませんよ!




まとめ:モンサンミッシェルのオムレツはお勧めできます!



本日はモンサンミッシェル観光で気になる「元祖オムレツ」を提供する、ラ・メール・プラールについて紹介しました。



ここまで読まれた方は分かると思います。



今回は辛口レビューと題して、辛口で語ったのは「口コミで不味い評価をされた方」に対してです!笑



オムレツの味は普通に美味しいです。



めちゃめちゃ美味しいかと言われるとウソになりますが、料理を全くしない方が自宅でオムレツを作ったとしても、おそらく外側を焦がすくらいで食べれないほど不味くなることはないはず。



全員ではないかもですが、単品でオムレツを注文して4,000円以上も請求されたらコスパ悪いのでがっかりして当然です。

  • 人気のレストランに訪れることができた!


このように考えると、料金が高いのも我慢できるかと思います。



私自身は、孤島にあるモンサンミッシェルまでキリスト教の巡礼者が死をも覚悟して辿り着いた先に食べたとされる、プラールおばさんの提供したオムレツを堪能できたので大満足です。



そして!?



マッシュルームが個別で出されたことはポイント高いです!



そのおかげで、何も付けないで食べるパターンと、マッシュルームを付けて食べるパターンと2つの食べ方を堪能できました!!



私の場合は追加でマッシュルームを注文しましたが他にも、スモークサーモンやムール貝、ベーコンとじゃがいものオムレツなど様々な料理があります。

※最も安い「野菜のみ」はお勧めしません。



そして贅沢されたい方はもちろん、コース料理も良いと思います!



今回は、あまりにも低評価レビューが多かったので「それはないだろう」との思いで記事にすることにしました。



絶対に食べて後悔しない!とは保証できませんが、本記事が少しでも皆さんの参考になったなら幸いです。



そして、他にもフランスの観光情報やバックパッカーで100日間の世界周遊をした旅行記なども掲載しているので読んでいただけると嬉しいです。



というわけで本日は以上です!


最後まで読んで頂きありがとうございます!


では!!


私の記事が面白いと思ってくれた方、
『一人旅』をクリックしてほしいです!

そしてまた戻ってきて欲しいです!!笑

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村
(応援お願いします)




このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションかなり上がります!