【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

ラオス:バンビエンからビエンチャンに長距離バスで移動|【25日目】

どうも、ゾノです!



今回はラオスのバンビエンからビエンチャンまで長距離バスで移動した模様を中心にご紹介します!



結論からお伝えすると、


長距離バスでの移動、
お薦めです!!


旅行気分を楽しんでもらいたいので、
旅行記としてこの記事を書いてますが、長距離バスでの移動について知りたい方のためにも簡単にご紹介します。



それでは本日もよろしくお願いします!



ラオス:バンビエンからビエンチャンに移動|首都ビエンチャンを軽く散策

ビエンチャンまでの長距離バス



ブルーラグーンの観光を終えた今、バンビエンは私にとって長く滞在したい場所にはならなかったので、次の目的地である首都、ビエンチャンに移動しました。



ラオス滞在は10日目、旅行期間は合計25日目となります。




ビエンチャン行きのチケットを購入


ビエンチャンまでは長距離バスで簡単に移動できます。



市街地を歩けば旅行代理店はいくつもありましたが、私はバスの発着場で購入することにしました。



それはなぜか?!



普通に考えれば当然ですが、


バスターミナルで購入した方が、旅行代理店へのマージンが発生しないので標準料金で購入できるからです。



バスターミナルはこんな感じでした👅




意外と立派な佇まい。





奥に見える事務所でビエンチャンまでのバスチケットを購入できます。



ちなみにバスチケットの料金は、
50,000キープ(日本円:約625円)でした。



私は2019年4月にラオス滞在してますが、訪れた時期の物価が違っていても日本円の金額はほとんど変わらないと思います。


これからバンビエンを訪れる予定の方は、
上記の値段を標準料金として参考にしてください。



■補足

こちらのバスターミナルは正確には、『Soutchai Travel』となります。

またビエンチャン行きだけでなく、ルアンパバーンやその他の都市へのバスチケットもこちらで購入できます。



そして、更に朗報が!!



有り難いことに、こちらのバスターミナルはバンビエン市内中心部に位置しています。



基本的にバスターミナルは遠隔地にあることが大半ですが、バンビエンの場合は面倒なく手軽にバスチケットを購入できます。



地図を載せておきますので、
これから訪れる予定の方は是非ご参考に👅



そして、またまた嬉しい誤算が!?



昼前にバスチケットを購入しましたが、当日の午後1時半に出発する長距離バスに乗れるとのこと!


少し待つだけで乗れるうえに、夕方にはビエンチャンに到着する予定なので大助かり!!



というわけで、
近くのカフェでコーヒータイム。






ブラックを注文しましたが、こちらのコーヒーは普通に旨い!





値段は20,000キープ(日本円:約250円)でした。



休憩後、時間に遅れないようにバスの停留所に向かいましたが結局、出発は午後2時頃。



日本とは違い時間に正確ではありませんが、
30分遅れは全然、許容範囲。





バスは予想以上に立派な感じ。



長距離バスにはラオスだけでもルアンパパーン、バンビエンと2回乗りましたが、ミニバンや年季が入ったバスでもなく一番まともでした。



移動に関しては、
道中も険しい道はなく危険に感じることは一切なし。


車内の揺れも少なく冷房も効いていたので快適に過ごせました。



長距離バスが苦手な方もいるかもしれませんが、
バンビエンからビエンチャンまでの移動は苦にならないと思います。



一度、休憩を挟んでビエンチャンには午後6時頃に到着。



移動時間としては4時間掛かりました。



私が宿泊する予定のゲストハウスまでは少し距離が離れていましたが、ビエンチャンを散策したかったので歩いて向かうことに。



やはり首都だけあって、これまでとは雰囲気が全然違います。





ローカル経営っぽいですが、日本食屋さんも発見。





よくわからないモニュメントも!






ビエンチャンのホステルにチェックイン


2,30分くらい歩いてゲストハウスに到着!



今回も当然のごとくホテルではなく、格安のゲストハウスに泊まることに。





1階がカフェになっており、オシャレな雰囲気でホステル内も綺麗でした。







Wi-Fiもスピードあり、遅いとは感じなかったです。




ビエンチャン市内を散策


ホステルでゆっくりするにはまだ時間が早いので、チェックイン後は荷物だけ部屋に置いて、夕食先を探しつつ散策を再開!!



少し歩いたところにスポーツバーのような広い空間のレストランを発見。





首都だけあって、これまでのバンビエンやルアンパパーンとは雰囲気が違います。



最初はガラガラだったので、ここで食べる予定ではありませんでしたが、後で戻ってこちらで食べました。



付近を暫く歩くと遊園地のような施設を発見。





なんとなく、ラオスっぽくない感じ。



土曜日ということもあり小さい子供含めて人も多く活気がありました。



そして先程の飲食店に戻ってびっくり!!



店内の様子はこんな感じ👅




最初に来たときはガラガラだったはずなのに、いつの間にか大勢のお客さんが!



現地の方が多い印象ですが、ライブ演奏もあって、結構おしゃれ。





テーブル席に一人で座るのも申し訳なかったので、カウンターのようなお一人様用の席で本日の夕食に!



少し高級チックに感じましたが、メニューは良心的でした👅






お酒のつまみ程度に2品だけ注文。







値段はビールも入れて、
70,000キープ(日本円:約870円)でした。




怪しいお店に突撃


夕食後は特に予定がなかったので、少し離れた場所に風俗店があることを知っていたので突撃しました!!



予定がなかったからですよ!笑





見た感じ、それらしい佇まいではありません。



普通の民家のような感じでしたが、こちらで風俗が楽しめるようです。



店内に入ると何人か女の子も確認しましたが、若い子や可愛い子は少なく30代以降の女性が多い気がしました。



お値段を確認しましたが、



男性諸君には朗報!?



300,000キープ(日本円:約3,700円)との事。



めちゃめちゃ安いです!



私はと言うと、店内にまで入って意外に思うかもしれませんが、雰囲気や料金システムを確認しただけでお店を後に。



その後はゲストハウスに戻り、明日の予定を考えたりして本日は終了です。




最後に


本日はバンビエンからビエンチャンまでの長距離バスでの移動がメインとなりました。


ベトナムからラオスに入国して、様々な都市を渡り歩いてついに、首都ビエンチャンに到着。


ビエンチャンについては、実は観光目的ではなく次の国への移動のために訪れることにしました。


とは言っても、せっかく訪れたのでビエンチャン市内中心部だけでも観光する予定です。


私の旅の『全て』を紹介するつもりなので、明日の記事もどうぞよろしくお願いします。


皆さんの旅行の参考になれば幸いです。


では!!



ブログ村のランキングに参加しています!
クリック1つで私の順位が上がります!!
(登録一切なし)

私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



最後のさいごに、

Twitterを開設したので、こちらをフォローして頂けると嬉しいです!
ゾノ(@Zono_travel



基本的にはブログ更新情報とポジティブな考え方を発信しています。そこまで頻繁にツイートしていないのでストレスにはならないかと思います。(保証します!)



コメント頂ければ、もちろん返事します!
気軽によろしくお願いします!!