【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

オーストリア観光3泊4日で主要スポットを完全攻略!【3/4日目】

どうも、ゾノです!



100日間の世界周遊バックパッカーの旅を紹介!!


旅の全てを共有しています。



オーストリア観光は10カ国目!!



ゆっくり滞在しても良かったのですが、
3泊4日でウィーン観光を満喫しました。



旅を終えた感想として、

オーストリアは若いときにこそ訪れたい国です!!



世界遺産を巡るアグレッシブな観光が好きな私は、オーストリアについては歴史的な街並みの散策や音楽や絵画をゆっくり優雅に楽しめる国だと考えていたので、個人的な観光したい国ランキングではずっと圏外でした。



その考えは正しい反面、むしろ若いときにこそ訪れた方が良いと感じたので、なぜそう思えたのか?!旅の模様を共有します。



まず今回の旅の目的について、
事前にざっくり決めたプランをお伝えします。



【旅の目的】


オーストリアの首都ウィーンは音楽の都であり、芸術の街です。モーツァルトの縁の地でもあるザルツブルクの日帰り観光も簡単にできると知ったので、3泊4日でこれらを達成しようと事前に考えました。



旅の目的は大きく3つだけでしたが、オーストリアを訪問する前はあまり観光に期待していないことが伺えるかと思います。



今回は、
3日目のまとめ記事ですが、モーツァルトの生まれた街『ザルツブルク』を効率的に観光できたので、日帰りプランの参考にして頂けると幸いです。




ザルツブルクカードでモーツァルトの生まれた街をお得に観光!

ザルツブルクの景色



本日はお得に観光スポットを周遊できるザルツブルクカード』を使用して効率的に観光した模様をご紹介します。


私個人の旅行記になりますが、海外旅行の楽しさを面白く読み物として、そしてこれから旅行される方の旅の計画に役立ててもらえると嬉しいです。


オーストリア滞在は3日目、旅行期間は合計73日目となります。




ウィーンからザルツブルクに電車で移動



ザルツブルクは音楽家として誰もが知る、モーツァルトが誕生した街!



そして!?



ザルツブルク市街の歴史地区は世界遺産に登録されています!!



オーストリア観光で2都市周遊するならザルツブルクに行くべき!」

と事前に目的に追加したので、日帰りで観光することにしました。



首都ウィーンからは電車で簡単にアクセスできます。



ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)に午前9時半前に到着。



ウィーン西駅の入り口



見た目は少し寂れた雰囲気に見えますが、駅構内は思った以上に広く綺麗でした。



ウィーン西駅の駅構内



事前に電車のチケットはオンラインで購入していたので早速、改札に向かいました。



ウィーン西駅のプラットフォーム



乗り場には電光掲示板もあるので迷う心配はありません。



ヘビースモーカーの私にとって有り難いことに「喫煙所」あります!!



ウィーン西駅の喫煙所



電車はなんと、2階建て!!!



ウィーンからザルツブルク行きの電車



子供じゃないけど、、、

2階建て電車にテンション上がりました!!笑



ウエストバーンの電車内



車内も清潔さがあって快適に過ごせました。



というわけで、朝からおビール!



オーストリアのビール



2階建てじゃなくても海外で電車に乗るとテンション上がるの、私だけですかね。。



午前10時前に出発しましたが、2時間ちょっとでザルツブルク中央駅に到着。



昼過ぎに到着したので、夕方までザルツブルクをがっつり観光する予定です。



ちなみに、電車は片道で34.6ユーロ(約4,300)でした。



チケット代は高かったですが、直前に予約したことが原因。



事前に予約すれば、最安で1,750円で電車に乗れます。




ザルツブルクカードを購入



ザルツブルクカードはザルツブルク中央駅のツーリストインフォメーションで購入できます。



場所は出口付近に少し隠れるようにありましたが、多くの旅行者が訪れるので迷わずに行けるはず。



私は少し迷いましたが!笑



クレジットカードが利用できて、私の購入時期では29ユーロ(3,621円)でした。



少し値段は高いですが、ザルツブルクカードがあれば主要な観光スポットにはほぼ全て入場できます。



入場時にチケット購入で並ぶ必要がないので、日帰り観光する場合は必須のアイテム。



ザルツブルクを2日間以上観光ができる方には1日券ではなく、2日券がおすすめ!



単純に値段が2倍になるわけでなく少し費用を追加するだけで購入できるので、ゆっくりと世界遺産の街を散策できて優雅な観光になると思います。



■補足

観光利用できるのは各施設、1回だけとなるので注意してください。


観光施設だけでなく路線バスやケーブルカーなども無料で乗車できます。


夏場に多く開催されるコンサートに参加される予定の方は割引特典が受けられる可能性が高いので購入必須です。



最後に、ザルツブルクに行く予定の方は下記より購入できます👅

ザルツブルク・カード 市内主要観光スポット入場&公共交通機関が乗り放題 | オーストリア(ザルツブルク)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)

※日本語に対応しています。




サクッとローカルフードを堪能



ザルツブルク中央駅には大きなスーパーマーケットが併設しています。



2016年まで日本でも展開されていた「SPAR」です!



SPARは実はオランダに本部を置いており、日本ではコンビニ形態が主流でしたが、スーパーマーケットとしても展開されています。



こちらでは店内で調理した料理を提供している場合が多いので、手軽にローカルフードを食べられます。



というわけで!



節約すべく、こちらでランチを購入!



オーストリアのカツレツ



オーストリア名物のカツレツが目を引きます。



スーパーの惣菜コーナー



そして肉の塊も発見し、一目惚れ!



本日の戦利品はこちら👅


シュニッツェル



カツレツこと、オーストリア名物のシュニッツェル。



シュニッツェルとは正確には仔牛が使用されますが、こちらは豚肉ベース。



ソースの付け方が酷いですが、、豚カツなので味はめちゃめちゃ旨い!



続いてこちら👅


肉の塊



私の目を奪った肉の塊です!!


一目惚れで購入しましたが、中はハムのような感じで思っていたイメージとちょっと違う。。



肉の塊の中身



ステーキ風を期待していましたが、満腹にはなれたので満足!



というか、食べ過ぎですね、、、



お値段はビールも1本飲んで977円でした!



本当に、スーパーは節約旅行の味方です!!




モーツァルトの生家を訪れる



路線バスでザルツブルク中心部に移動。



最初にモーツァルトの生家』を訪れました!



モーツァルトは何回か引っ越ししているのでザルツブルクだけでなく、ウィーンにも住んでいた家が現存しますが、



が!?



もちろん「生家」はただ1つ!!



生まれた場所、そして幼い頃から神童と称されていたモーツァルトがヴァイオリンやピアノの練習をされたであろう場所。



そう考えると少し興味が湧いたので、立ち寄ることにしました!



モーツァルトの生家の外観



場所はザルツブルク旧市街の一等地です!



金持ちだったのか気になって調べましたが、父親の友人から借りた借家になります。



モーツァルトが17歳のときに引っ越しましたが、大司教に使えていた音楽家の父親とヨーロッパ中を演奏で駆け巡っていたので実際はそこまで長くは住んでいません。



この家でモーツァルトは1756年1月27日に生まれました。



そして時を経て、、

現在は使用されていたピアノや楽譜、そして家族に宛てた手紙など様々な資料が展示されるミュージアムになっていました。

※時を飛ばしすぎ!笑



そして、実際にモーツァルトが使用していたピアノも展示されていました。



モーツァルトの生家にあるピアノ



誰もが思うであること!



触りたい!!笑



残念ながら、冊もあるうえに鍵盤の上にカバーが敷いてあるので触れることは叶わず。。



モーツァルトのピアノ



楽器だけでなく、手紙も展示されています。



モーツァルトが書いた手紙



色んな手紙が展示されていましたが、お気に入りの1枚を👅


モーツァルトの手紙



字が達筆すぎて何が書いてあるか読めませんでしたが、最後の行になると段々とラインがずれているところを見ると、人間らしさというか、親近感が少し湧きました!



そして当時の室内が再現された場所もありました。



18世紀の生活様式



こちらはモーツァルトにはあまり関係なく、当時のザルツブルク市民の生活様式を再現した部屋です。



モーツァルトのピアノ



このような雰囲気の中でモーツァルトが育ったのかと考えると少し感慨深い。



モーツァルトのファンでなくともクラシック音楽好きにとっては巡礼地のような場所でした。




モーツァルトが洗礼を受けたザルツブルク大聖堂



外観も見事な大聖堂に午後2時過ぎに到着。



ザルツブルク大聖堂の外観



こちらはモーツァルトが洗礼を受けた場所として有名です。



入口付近にはモーツァルトの洗礼盤」が置かれています。



モーツァルトの洗礼盤



当たり前に置かれていて驚きましたが、こちらの洗礼盤でモーツァルトは実際に洗礼を受けたそうです。



ザルツブルク大聖堂モーツァルトが実際にオルガン奏者として演奏されたことでも知られています。



ザルツブルク大聖堂のパイプオルガン



見えづらいですが正面の両サイドにあるオルガンでモーツァルトは演奏されたことがあるそうです。



そこまでモーツァルト好きではありませんが、実際にこの場所にいた!と考えると感慨深かったです。



ザルツブルク大聖堂の天井画



天井画も美しく、そして豪華。



ザルツブルク大聖堂の内観ザルツブルク大聖堂の内観



仏教徒なのでお祈りはしてませんが、大聖堂に来ただけで心が清められた気にもなりました!




ホーエンザルツブルク城で絶景を鑑賞



続いては小高い丘にひときわ目立つ、ホーエンザルツブルク城を訪問。



少し歩くにはしんどい距離ですが、私はザルツブルクカードを持っています!



ケーブルカーの発着場



ザルツブルクカードがあれば無料で丘の麓から頂上まで登ることができます。



ケーブルカーの入場ゲート



そして30秒も経たないうちにあっという間に到着!



ホーエンザルツブルク城は、お城というより要塞といった雰囲気があります。



ホーエンザルツブルク城の模型



ミニチュア模型を見ての通り、丘の上全体に城壁が張り巡らされており、難攻不落な要塞の佇まいです。



実際に要塞としての役割もあり、屋外には大砲もありました。



ホーエンザルツブルク城の大砲



また城内には博物館もあるので、ゆっくり観光すると最低でも1時間半は掛かると思います。



私はこちらの博物館に興味はありませんでしたが、ザルツブルクカードがあれば無料で入場できるので展示品をササッと鑑賞。

※写真撮影は不可でした。



そして屋外でお目当ての絶景を堪能しました!



ザルツブルクの絶景



この景色に感動!!



ホーエンザルツブルク城ザルツブルク市内のどこからでも見ることができる「街のシンボル」であり、ここからの景観は圧巻でした。



そして!?



個人的に、ホーエンザルツブルク城の南側の景色が更に最高でした!!



ホーエンザルツブルク城の南側の景色


こちらは旧市街方面ではありませんが、広大な景色の奥にはアルプス山脈も顔を覗かせており壮観。



ホーエンザルツブルク城の南側の景色



やばくないですか?!



パノラマも撮ったので載せます👅


ホーエンザルツブルク城の南側の風景



風も心地良いなか、想像以上の絶景が堪能できました。




レジデンツギャラリーで宮殿美術を堪能



レジデンツギャラリーに到着したのは午後4時前。



こちらもザルツブルクカードがあれば無料で入場できるので訪問しましたが、オーディオガイドまで無料には驚きました。



しかも日本語もありました!



レジデンツギャラリーの外観



レジデンツギャラリーは元々はザルツブルク大司教の居城でしたが、現在は宮殿博物館となっています。



ちなみに、宮殿の2階から撮った写真はこちら👅


レジデンツ広場



大司教とはカトリック教の中でも高位聖職者となりますが、当時の強大な権力が垣間見れます。



ギャラリーにはこれまでの大司教の絵画コレクションが展示されています。



正直、絵画にはあまり期待していませんでしたが、



が!?



レンブラントの絵画を発見!!



レンブラントの母の絵画



レンブラントアムステルダム国立美術館に展示されている『夜警』を描いたとして有名な画家です。



まさかレンブラントの作品に出会えると思わなかったので意外でした。



そしてレジデンツギャラリーは絵画や美術品だけでなく、宮殿としても見どころがあります。



レジデンツには大司教が使用されていた当時の部屋が今でも残っています。



数え切れないほどの部屋がありますが、その中で特に必見の部屋を紹介します。



まずは「玉座の間」から。



レジデンツギャラリーの玉座の間



玉座の間は神聖ローマ皇帝が使用されていた部屋であり、金箔で装飾されて半端なく豪華です。



続いては「謁見の間」です。



レジデンツギャラリーの謁見の間



名前の通り、客人をこの部屋でもてなすためか、こちらも贅を尽くした部屋に見えました。



そして最後に!



肝心の「会議の間」を紹介しようと思いましたが、、

私、部屋を間違えてました。。



実は一番に紹介したかったのですが、会議の間は6才の頃のモーツァルトが演奏をした場所になるそうです。



モーツァルト好きは忘れずに訪問すべき場所です。



そして私のように間違えないように注意しましょう。。




サウンドオブミュージックで有名なミラベル庭園



時刻は午後5時過ぎとまだ観光に余裕があります。



突然ですが!!

不朽の名作映画として有名なサウンドオブミュージック』は知っていますか??



ミラベル宮殿にある庭園は、家庭教師をしている主人公が子どもたちにドレミの歌を教えた舞台として有名なロケ地です。



ミラベル宮殿の噴水



美しい庭園ですが、なんと無料で散策できます!!



とくに庭園が見事でしたが一応、宮殿にも入ることに。



ミラベル宮殿の内部



庭園が綺麗なだけあって宮殿内も煌びやかです。



ミラベル宮殿の内部



補足ですが、

こちらのミラベル宮殿、


結婚式場としても利用できるそうです!!



これから結婚される方は要チェックですよ。



独り身の私には無縁なので、、費用がいくら掛かるかについてはご自身で調べてください!笑




世界遺産の街ザルツブルクを散策



今更というか、観光始めた時点でザルツブルクの街並みを散策していましたが、軽く紹介。



まずは繁華街のゲトライデ通り。



ゲトライデ通り



こちらは旧市街のメインストリートであり、旅行者がひときわ多く賑わっていました。



中世の街並みで雰囲気も抜群に良く、お洒落なショップやレストランもたくさん建ち並んでいます。



そして特徴的なのが看板です!



ゲトライデ通りの看板



これらの看板は中世の名残りです。



字が読めない方が多い時代でしたが、看板を見ればどんなお店か分かるよう、デザインされたことが始まりとの事です。



昔ながらの店舗もありましたが、誰もが知る「H&M」もそれに倣った看板でした。



意外と色んな看板を探し回るだけでも楽しめました。



そして続いて紹介するのは、『マカルト橋』です。



マカルト橋



こちらの橋はザルツブルクの旧市街と新市街を結んでおり、ザルツァッハ川に架かる橋です。



単なる橋かと思いきや、橋には数えきれないほどの南京錠が掛けられていました。


マカルト橋にある愛の南京錠



こちらの橋から望む景観は美しく、先ほど訪れたホーエンザルツブルク城も綺麗に入り込みます。



マカルト橋から見たホーエンザルツブルク城



ザルツァッハ川ではクルージングもできるので、時間に余裕がある場合はボートに乗ってザルツブルクの街並みを鑑賞しても良いかなと思います。

ザルツブルクカードがあれば無料です。



最後に紹介するのは、街並みではなく「絶景ポイント」です!



ザルツブルクの絶景



どうですか?!



個人的にはホーエンザルツブルク城から見た景色よりも、世界遺産の街ザルツブルクの背景にホーエンザルツブルク城が写っている方が絵になる気がしました。



肝心の場所は『メンヒスベルグになります。



元々、こちらにある近代美術館に入場する予定でしたが、時間が過ぎてしまい間に合わず。



メンヒスベルグの入り口



ただし!



屋上まで続くエレベーターには乗れて、絶景も堪能できたので無駄足にならずに済みました。



このエレベーターは有料ですが、、

もちろんザルツブルクカードがあれば無料です!



エレベーターの営業時間も決まっていましたが、ザルツブルクの観光スポットは閉館時間がどこも早いです。



これから訪れる予定の方は、

午後6時には閉館する施設が多いので注意してください。

※通常、閉館の30分前が入場締め切りになります。




ビール醸造所「アウグスティナー・ブロイ」に突撃



時刻は午後6時過ぎ。



ザルツブルクの観光スポット巡りは終了です。



そしてアウグスティナー醸造所にあるビアガーデンで夕食にすることに!



実は、今回の日程で楽しみにしていたものの1つです。



というのも、

こちらでは手作りのビールが飲めます!



しかも時期は夏なのでビアガーデンも開催されています!!



場所はザルツブルク中心部から少し離れていますが私は徒歩で向かうことに。



Googleマップを頼りに10分くらいでようやく到着。



アウグスティナー醸造所の入口



入口に看板があるので目的地で合っていることは分かりましたが、肝心のビアガーデン入口が見つからない。。



しばらく迷っていましたが、それもそのはず!



アウグスティナー醸造所は1621年に誕生した老舗のビール工場ですが、元々はミュルン修道院として使用されており、良い意味で面影が未だに残っています。



アウグスティナービアガーデンの扉



めちゃめちゃ普通の扉を発見。



こんな扉の奥にビアガーデンがあるように思えますか?!



見た目で判断するのは良くありませんが、期待していた分、がっかりスポットじゃないかとテンションが少し下がりました、、、



かと思いきや!?



地下への階段



建物内は意外と豪華そう。



地下に降りることにも驚きましたが、更に驚くべき光景が待っていました!



アウグスティナービアガーデン



やばくないですか?!



建物を出ると、庭園が広がっていました!!



そして、こちらを訪れるまでほとんど人を見掛けなかったにも関わらず、お客さんが大勢います!



めちゃめちゃ賑やかです!!



本物のビアガーデンがここにはあります!!



ビールの購入の仕方も何も分かりませんでしたが、他のお客さんの動きを観察。



アウグスティナーの注文の仕方



少し変わったビールジョッキを自分で洗って、係の方にビールを注いでもらっています。



そして事件が発生!!



こんな最高の場面で残念なお知らせが。。。



こちらは、

クレジットカード利用不可でした。



あまり細かく調べると観光の楽しみが半減するので、ネットではサラッとしか普段は検索しませんが、、今回ばかりは後悔。



手持ちが、まさかの10ユーロもない状態。。



アウグスティナーの売店



ビアガーデンというだけあって、こちらではソーセージやスペアリブ、そしてサラダやプレッツェルなど様々な料理も購入できますが、今の私には不可能。。。



むしろ、ビール自体も購入できるか危うい状況。



アウグスティナーのプライスシート



豪快に1リットルのジョッキでがっつり飲みたいところですが、帰りの不測の事態を考えて500mlで我慢。



3.2ユーロなので日本円で約400円。



小銭くらいしか手持ちがない状況でしたが、1杯だけでも飲めたので満足!



アウグスティナーのビールジョッキ



醸造所に併設されたビアガーデンなので、味は文句なしで美味しかったです!!




ザルツブルク中央駅で夕食を購入してウィーンに移動

時刻は午後7時過ぎ。



ザルツブルクの観光は全て終了です。



電車の出発時刻は午後7時半頃だったのでちょうど良い感じで観光を終えました。



本来であればビアガーデンで夕食にするつもりでしたが、昼と同じSPARでサラダを購入してウィーンまでの帰りの電車で頂きました。



昼もそうでしたが、

電車で食べるごはんって意味不に美味しくないですか?!



電車内で軽食




昼も食べたシュニッツェルは本当に美味しかったので、またまた購入。



午後10時頃にウィーンに到着したので、真っ直ぐゲストハウスに戻り、本日の全ての日程は終了です。




ザルツブルクカードでモーツァルトの生まれた街をお得に観光:まとめ



本日はオーストリア観光3日目でしたが、首都ウィーンから日帰り観光のできるザルツブルクを昼から観光しました。



世界遺産にも登録されているのでザルツブルクは散策するだけでも楽しい場所でしたが、主要な観光スポットはザルツブルク中心部に集結しているので日帰りでも結構、アグレッシブに観光できたかなと思います。



そしてサウンドオブミュージックの舞台として有名で、あちこちで撮影されているので、映画を事前に見てから訪れると下調べになるうえに、ロケ地巡りもするなど更に楽しめると思います。



最低でも「ドレミの歌」だけは覚えましょう!



調べたところ、アマゾンプライムで映画は視聴できるみたいです👅

サウンドオブミュージック(字幕版)



というわけで、本日は以上です!



次回の旅行記も楽しんでもらえると幸いです。


では!!


最近、押されてませんが、、、

ブログ村のランキングに参加しています!


私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



※スターが付けられない場合があります。
ブックマークでコメントもらえると嬉しいです!