【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

オーストリア観光3泊4日で主要スポットを完全攻略!【2/4日目】

どうも、ゾノです!



100日間の世界周遊バックパッカーの旅を紹介!!


旅の全てを共有しています。



オーストリア観光は10カ国目!!



ゆっくり滞在しても良かったのですが、
3泊4日でウィーン観光を満喫しました。



旅を終えた感想として、

オーストリアは若いときにこそ訪れたい国です!!



世界遺産を巡るアグレッシブな観光が好きな私は、オーストリアについては歴史的な街並みの散策や音楽や絵画をゆっくり優雅に楽しめる国だと考えていたので、個人的な観光したい国ランキングではずっと圏外でした。



その考えは正しい反面、むしろ若いときにこそ訪れた方が良いと感じたので、なぜそう思えたのか?!旅の模様を共有します。



まず今回の旅の目的について、
事前にざっくり決めたプランをお伝えします。



【旅の目的】


オーストリアの首都ウィーンは音楽の都であり、芸術の街です。モーツァルトの縁の地でもあるザルツブルクの日帰り観光も簡単にできると知ったので、3泊4日でこれらを達成しようと事前に考えました。



旅の目的は大きく3つだけでしたが、オーストリアを訪問する前はあまり観光に期待していないことが伺えるかと思います。



今回は、
2日目のまとめ記事ですが、この旅行記を読まれた皆さんにも「何か」感じ取ってもらえるように私の体験を正確に詳しく紹介します。




ウィーン観光で絵画・オペラ鑑賞と芸術に酔いしれる!


本日の見所は『美術史美術館で絵画鑑賞』オペラ座でオペラ鑑賞』です。


私個人の旅行記になりますが、海外旅行の楽しさを面白く読み物として、そしてこれから旅行される方の旅の計画に役立ててもらえると嬉しいです。


オーストリア滞在は2日目、旅行期間は合計72日目となります。




午前中はゲストハウスでまったり



泊まっているゲストハウスは朝食付きのため、サンドイッチを食べてコーヒータイム!



写真はありませんが、、屋内には庭があり、そこのベンチに座ってタバコも吸えたのでゆっくり過ごせました。



また昨日の時点でオペラ鑑賞の情報も収集していましたが、予約方法などを休憩しつつ再確認。



可能であれば、本日オペラ鑑賞する予定で行動することにしました。



公演は夕方からなので、それまで美術史美術館で絵画鑑賞と芸術に酔いしれるプランを計画!



昨日一緒に行動した日本人の相方は私と会う前に訪問済みとの事で、今回は別行動。



ただオペラ鑑賞は興味があるとの事だったので、夕方合流することにしました。



大変ありがたいことに、午前中にコインランドリーで洗濯しましたが、乾燥させるまで時間が掛かるところ、すぐに出掛ける用事がないとの事で、私の分も一緒に取り出してくれると!



私より1こ年上なのに、優しすぎ。



そして感謝!



おかげで昼前から観光することができました。




美術史美術館で有名な絵画に心奪われる



昼過ぎに美術史美術館に到着!



こちらはオーストリア最大の美術館で世界屈指のコレクションを誇ります!!


美術史美術館の外観
美術史美術館の外観



世界的に有名な美術館といえばルーブル美術館メトロポリタン美術館がありますが、ウィーンの美術史美術館はヨーロッパ随一の名門王家である、ハプスブルク家の強大さが理解できるほどに当時の中部ヨーロッパを支配した時代に制作された作品が多数展示されています。



気になる絵画は事前に調べていたのでピンポイントで鑑賞しても良かったのですが、、


意外と私、絵画好きなのでゆっくり見て回りました!



そして嬉しいことに、
全ての絵画は写真撮影が可能です!!



日本では禁止されている美術館が多いなか、ヨーロッパは比較的どこも寛容な気がします。



というわけで!



ここでは全ては紹介しませんが、特に必見の絵画を撮影したので紹介します!!



まずは誰もが知っているこちら!!!


f:id:My-my-life:20200808103903j
バベルの塔



バベルの塔です!!



こちらはピーテル・ブリューゲルの作品ですが、実は2枚が現存しています。



もう1枚はサイズが2分の1の絵画のため「小バベル」と呼ばれており、ロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に所蔵されています。




美術史美術館にある方はサイズが「114 cm × 155 cm 」と巨大で見応えがあります!



もちろん、ドヤ顔で記念写真も撮りました!笑



美術史美術館はブリューゲルの作品について最大のコレクション数を誇るので、他にも主要作品が展示されています。


ピーテル・ブリューゲル「子供の遊戯」
ピーテル・ブリューゲル「子供の遊戯」
f:id:My-my-life:20200808103840j
ピーテル・ブリューゲル「雪中の狩人」



これらもブリューゲル作の名画として必ず紹介される作品です!



ちなみに、
美術館内では、絵画を見ながら絵を描いている方も!


ブリューゲル「雪中の狩人」を模写
ブリューゲル「雪中の狩人」を模写



海外の美術館では珍しくない光景ですが、未来の巨匠がブリューゲル作品で勉強されていました。




続いての必見の作品はこちら!!


ヨハネス・フェルメール「絵画芸術」
ヨハネス・フェルメール「絵画芸術」



こちらはフェルメールの作品で『絵画芸術』です。



絵画自体はそこまで有名ではありませんが、フェルメールという名前は聞いたことがあるはず!?


フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
フェルメール真珠の耳飾りの少女



真珠の耳飾りの少女で有名な画家です。
※この絵画は美術史美術館に展示されていません。



フェルメールの作品と確認されているものは、現在30点ほどと数が少なく、大変貴重な絵画です。



歪んだ時計の作品と口ひげに特徴のある画家のダリは知っていますか?!



ダリの絵画



奇抜な人物としても知られるダリですが、フェルメールについては画家として最大級の評価をされており、アトリエで絵画制作をするフェルメールを10分でも観察できるなら、自分の右腕を切り落としてもいい!と言わしめるほど。



『絵画芸術』に登場する画家はフェルメール自身とも言われるので、そのダリが羨望した一場面を絵画を通して鑑賞できます!



少し余談が長くなりましたが、、
美術史美術館にはフェルメールだけでなく、レンブラントルーベンスなどバロック時代の黄金期を築いた有名画家の作品が本当に数え切れないほど展示されています。



さらっと見れば2時間も掛からないと思いますが、私は気付かないうちに4時間も滞在してました。。



美術史美術館は絵画以外にも博物館としての側面もあり、古代エジプトギリシャ、ローマ関連の彫刻作品なども展示されているのでそちらも全て鑑賞しましたが、時間に余裕があれば一日中ゆっくり鑑賞したくなる美術館です。



最後に、
美術史美術館で忘れてはいけない体験について!!



それは!?



『世界一美しいと言われるカフェ』の訪問です!!



世界一というと大げさかもしれませんが、実際にこちらの写真を👅


世界一美しいカフェ



やばくないですか?!



天井も高く、また格調高い雰囲気もあって私には敷居が高く感じました。



世界一美しいカフェの天井



というわけで、、
節約旅行の私は写真だけ撮って華麗にスルー!笑



世界一美しいカフェの内観



コーヒー1杯であれば1,000円もしないので、これから訪れる予定の方は忘れないように!



そして忘れないように!で思い出しましたが、、

昨日、思う存分堪能したクリムトの作品も建物に装飾として残されています!!


美術史美術館の館内の壁画
美術史美術館の館内の壁画



見えづらいかもしれませんが、柱の上部に描かれている人物画を制作されたとの事です。

※全部ではなく一部(10数点)です。


クリムトの壁画
クリムトの壁画



クリムト好きの方はくれぐれも忘れないように!!




ウィーン繁華街を散策



午後4時過ぎに美術館を後にして、オペラ座のあるウィーンの繁華街まで徒歩で移動。



ウィーン繁華街の馬車



相方との待ち合わせ時間まで少しだけ散策しました!



モーツァルトの住んでいた家



こちらは何の変哲もない家ですが、有名人の住まれていたマンションです。



看板がありますが、
実はこちら、モーツァルトが住んでいた家」との事です!!



モーツァルトと言えば、音楽の授業で誰もが聞いたことのある天才音楽家です。



モーツァルトの住んでいた家



中に入ってないので分かりませんが、繁華街のど真ん中の一等地に建つので当時の生活は豊かだったはず。

※シュテファン大聖堂のすぐ近くです。



本日はスルーしましたが、滞在時に時間があれば訪れようと写真だけ撮って終了。



そして、オペラ公演が始まるまえに相方と無事に合流!!



オペラについては今回、激安価格で鑑賞しようと考えていましたが、本当に予約できるのか不安だったので、早めに訪れて関係者に聞き込みをすることにしました。



そして事件発生!!



なんと私は鑑賞できないとの事。。。



予約できる場所は確認できましたが、実は私、、短パンでした。



ほんと礼儀知らずですが、オペラ鑑賞には当然のようにドレスコードがあります。



いったんゲストハウスに戻って着替えようかと思いましたが、時間的に間に合わない可能性もあるので、買い物とは無縁の旅行でしたが、長ズボンを求めて服屋を探すことに。



ほんと優しいですが、相方も付き合ってくれました!



近くで安い服屋を探し回りましたが中々見つからず、最終的にH&Mに入店。



どうせ買うならローカルの服屋で購入したかったのですが、時間もなく私にとっては苦渋の決断。



そして白パンツを購入することにしました!



普段は滅多に白パンを履くことはありませんが、旅行中ですし、これからヨーロッパの旅が続くので調子に乗って白にしました!笑



ヨーロッパを白系の服で観光したいと思うのって、私だけですかね?!笑



ちなみにお値段は2,000円ちょっと。



白デニムパンツ



普段は履かないと言いましたが、いざ購入すると想像以上に履き心地が良くて実は旅行を終えた今でもたまに履いてます!




オペラ座でオペラ鑑賞【MANON】



無事に着替えも終えたので、気を取り直して再度オペラ座に移動!



今回の旅は節約旅行なので、あまり贅沢はしていないつもりですが、、オペラ鑑賞ってお高いでしょ!と思ったそこのあなた!!



実は格安でチケットを入手できる方法があります。




それについては別記事で紹介する予定ですが、

私が購入したチケットは、



なんと!?



たったの4ユーロです!!



日本円で約500円です。



この値段なので立見席になりますが、オペラの雰囲気が味わえるだけで十分だったので、激安で入手できて大満足!



そして今回の公演は『MANON』です!!



オペラでは有名な演目であるマノンが上演されているスケジュールで鑑賞しました。



そしてそして、ウィーンのオペラ座はやばいです!!
(他を知りませんが、笑)



ウィーンのオペラ座



めちゃめちゃ豪華です!



そして間違いなく短パンは不適切です!!



会場の雰囲気で既にお腹いっぱいでしたが、立見席とはいえ前方にモニターも設置されているので字幕付きで楽しく鑑賞できました。

※日本語は残念ながらありません。



ちなみに、公演は休憩も入れて3時間ありました。



オペラ座でオペラ鑑賞



終わったのは午後10時過ぎと長丁場でしたが、オペラ初心者の私でもそこまで疲れることなく、オペラの世界に惹き込まれました!




ウィーン観光で絵画・オペラ鑑賞と芸術に酔いしれる:まとめ



本日はオーストリア観光2日目でしたが、絵画からオペラ鑑賞までタイトル通りに芸術に酔いしれることができました!



美術史美術館は本当に素晴らしい絵画に出会えて感動でした。



特に、私はいっちょまえにルーベンスが好きなのですが、彼の作品が数え切れないくらい展示されていて驚愕でした。


ルーベンスの絵画フロア
ルーベンスの絵画フロア



1,2枚あれば十分と思ってましたが、フロア全体にルーベンスの作品が展示されていて衝撃でした。



個人的に、こちらの絵画が好きでした👅

ルーベンス「聖母被昇天」
ルーベンス「聖母被昇天」



美術史美術館は絵画好きでなくても、1枚は気に入った作品に出会える、そんな美術館だと思います。



またオペラ鑑賞も今回のオーストリア旅の目的の1つだったので、2日目にして目的が達成できました!!



マノンは長年公演されている有名な作品ですが、今後の人生でオペラの会話になればウィーンのオペラ座で見たよ!とドヤ顔で自慢します。笑



というわけで、本日は以上です!



明日はウィーンを離れて、モーツァルトの街である「ザルツブルク」を訪問した模様をご紹介します!!



次回の旅行記も楽しんでもらえると幸いです。


では!!


最近、押されてませんが、、、

ブログ村のランキングに参加しています!


私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



※スターが付けられない場合があります。
ブックマークでコメントもらえると嬉しいです!