【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

スロバキア観光|首都ブラチスラバを1泊2日で完全攻略!

どうも、ゾノです!



100日間の世界周遊バックパッカーの旅を紹介!!


旅の全てを共有しています。



スロバキア観光は11カ国目!!



ゆっくり滞在しても良かったのですが、
1泊2日で首都ブラチスラバを観光しました。



まず今回の旅の目的について、
事前にざっくり決めたプランをお伝えします。



【旅の目的】



旅の目的は大きく4つだけでしたが元々、スロバキアを訪問する予定ではありませんでした。



近隣のチェコにそのまま訪問する予定でしたが、前日まで滞在していたオーストリアの首都ウィーンから高速バスで簡単にアクセスできること。



そして学生時代にチェコ・スロバキアという国名でスロバキアについて知りましたが、せっかくチェコを訪れるならスロバキアもあわせて訪れたいと考えたので観光することに決めました!



今回は、
ブラチスラバを日帰り観光される方や観光スポットについて詳しく知りたい方に向けて私の実体験をもとにご紹介します。




ブラチスラバは日帰り観光で十分満足できる?!

ブラチスラバ城から見た旧市街


午前中はゲストハウスでゆっくり



実はスロバキアには前日入りしています。



前日までウィーンに滞在してましたが、宿泊費がスロバキアの方が安かったので節約できることが理由の1つです。



そしてもう1つ理由があります!



前回のオーストリア編を読まれた方はご存知の通り、昨日の夜にウィーンで知り合った日本人と合流しています!



昨夜の夜に再会して、そのまま一緒にゲストハウス近くのBarで再会を祝いました!



たった、3日ぶりですが!!笑



そして嬉しいことに本日、一緒に観光できるとの事!



海外旅行中に日本人と知り合うことは度々ありますが、基本的に距離を保つようにしています。



が!?



この方は別!!



なぜか勝手に親近感が湧いており、私からぐいぐい絡んでました。。



スケジュール的に本日でお別れとなりましたが、おかげでブラチスラバをより一層、楽しく観光できました。




ブラチスラバ旧市街を散策



ブラチスラバ観光はお昼の12時過ぎから開始!



泊まっているゲストハウスからブラチスラバ旧市街までは少し離れていましたが、徒歩で向かうことに。



たぶん、一人だったら路線バスを使っていますが、会話しながらだとあっという間に到着です!



そして実は昨日も旧市街を通り過ぎましたが、時間帯が遅く暗くて雰囲気が全然違ったので結構驚きました。



夜のブラチスラバ旧市街



ほとんど真っ暗であまりよく見えません。



これから紹介するミハエル門もくぐり抜けましたが、よく見えず写真も撮れず。。



今回は反対側から入場します!




ミハエル門から入場!



まずは旧市街の入場口であるミハエル門について。



ミハエル門の外観



かつてのブラチスラバ旧市街は城壁に囲まれていましたが唯一、現存するのがミハエル門です。



高さは51mもあるので写真を撮るのも結構、苦労しました。。



現在は武器博物館となっていますが、上階からは旧市街の街並みを綺麗に見ることもできます。




フラヴネー広場に日本大使館?!



中世の街並みが残るブラチスラバ旧市街は散策だけでも十分に楽しめます。



ブラチスラバ旧市街の昼間の様子



どうですか?!



石畳の通り沿いにお洒落なレストランや土産物屋が立ち並んでいます。



テラス席を設けているレストランが多いので、開放的に旧市街の景色を楽しみながら食事ができます。




少し歩くと『フラヴネー広場』に到着!



フラヴネー広場の全体写真



フラヴネーとは「メイン」という意味であり、こちらが文字通りメイン広場となります。



そして何と!?



スロバキアの日本大使館




こんな一等地に日本大使館がありました!



これまでの経験上、観光スポットの周辺で日本大使館を見たことがありません。



スロバキアの日本大使館の入口




思わず、何枚か写真を撮りました!笑



みなみに1階はお土産物屋になっています。




チュミル像を発見!



ブラチスラバ市内には至るところに銅像が建っています。



そのなかでも一番有名なのがこちらです!



チュミル像



こちらは『チュミル像』と呼ばれています!



軍人がマンホールの穴から地上を覗いています。



そして看板にも注意が示されていました。



チュミル像と記念撮影



旅行者に人気があるため周りを取り囲むように撮影大会が続くので、撮影には少し強引さが必要です。



※順番待ちしても横入りする旅行者もいるので、私の場合はそんなときは、私が撮ってあげるよ!と手助けをしてあげて、次は自分の番!と場を仕切って対応します。




ブラチスラバ城で絶景を堪能



ブラチスラバ旧市街をゆっくり散策した後は、最も人気の観光スポットブラチスラバ城』です。



ブラチスラバ城を丘の下から撮影



旧市街から徒歩で向かいましたが、ブラチスラバ城までは約20分ほど掛かります。



丘自体はそこまで傾斜もないので、時間は掛かりますが疲れないかと思います。



ブラチスラバ城は、城の外観から「ひっくり返ったテーブル」とも呼ばれています。



ブラチスラバ城の外観



たしかにそう言われると納得できるブラチスラバ城ですが、ヨーロッパの歴史に名を残す、女帝マリア・テレジアが居城されていた由緒正しい城です。



現在は歴史博物館となっていますが、私のお目当てはブラチスラバから見れる絶景!



というわけで城内には入らずに、展望台に移動。



そして展望台から見たブラチスラバの景色がこちらです!



ブラチスラバ城から見た旧市街



ブラチスラバ旧市街が間近に見えます!



そして、オレンジ色の屋根の中心部に見える高い建物は先ほど訪れたミハエル門です。



ブラチスラバ城から見たドナウ川



ドナウ川も綺麗に見えますが、意外と水質が良くなさそう。。



場面ごとだと少し景観を伝えづらいのでパノラマ写真も👅


ブラチスラバ城から見た絶景



旧市街と新市街の区別がはっきりしていて、奥に見える高層ビルとのギャップが印象的でした。




ブラチスラバで大人気のショッピングモール



ブラチスラバ城を後にしたのが午後3時頃。



私は旧市街観光だけでなく、スロバキアの首都であるブラチスラバの都会ぶりも少し知りたかったので、ショッピングモールに移動しました。



Euroveaの外観



こちらは『Eurovea』というブラチスラバにある中で最も人気のショッピングモールです。



場所は少し離れていますが、またしても徒歩で移動。



歩いた時間はゆっくり散策しながらで約40分くらい掛かりました。



建物について気になったところを紹介!



Euroveaのトイレ



モール内の写真ですが、、

トイレで写真を撮りました!笑



お手洗いのメーカーが気になって見たところ、あのサイクロン式の掃除機で有名なDysonでした。



ダイソンのトイレ製品



同姓同名なだけで同じブランドでないかと思って調べましたが、我々が知っているダイソンで間違いなかったです。



というのも、手を洗ったときに驚くべきことが。



写真では分かりづらかったと思いますが、水道から水が流れるだけでなく、1つ1つにドライヤー機能が付いていました!



私は知りませんでしたが、ダイソンはトイレ業界にも進出しているそうです。



ちょっと最先端すぎて驚きましたが、日本メーカーも頑張ってほしいところ!

(なぜか上から目線)




カフェで優雅に休憩!



トイレの話が無駄に長くなりましたが、、

私がお勧めするのはショッピングモールの外側にあるレストラン街です!



Euroveaのドナウ川沿いのレストラン



肝心のドナウ川の写真を撮り忘れましたが、、両サイドにカフェやレストランが建ち並んでました。



そして屋外にも関わらず、ソファ席なども用意されており、ドナウ川を眺めながら飲食を楽しめます。



ただし人気スポットなのか、席が全く空いておらず。。



カフェでコーヒー



ドナウ川沿いではなく、ショッピングモール側にあるカフェに入りましたが、店内は綺麗な上に涼しく、そしてタバコも吸えたので大満足!



アイスコーヒーを注文しましたがお値段は約280円だったので思ったよりリーズナブルでした。



ちなみに、こちらの場所は続いて訪れる聖エリザベス教会からも徒歩圏内です。



こちらまでは徒歩でなく、路線バスで訪れることもできます。



念のために地図を載せておきます👅




聖エリザベス教会(青の教会)は本当に青かった



ブラチスラバ観光で外せない、聖エリザベス教会に到着したのは午後6時頃。



Euroveaからは徒歩で約5分の距離です。



聖エリザベス教会は『青の教会』と言われるように、他では見掛けない外観をしています。



聖エリザベス教会の外観



淡い青色でメルヘンチック!!



周りは住宅街なので少し異彩を放っていましたが、れっきとした教会です。



観光スポットであると同時に教会でお祈りを捧げる方も多くいます。



聖エリザベス教会の内観



教会内にも入りましたが、内部も淡い青色で統一されており、これまでに見た教会とは全く違う雰囲気でした。



私が訪れた際はちょうど礼拝中でも中に入れましたが、早朝のミサなど教会内に入れない可能性もあるので訪問時間には注意が必要です。




ブラチスラバ旧市街で夕食に



一通り観光を終えたので、聖エリザベス教会を後にして夕食にしました。



場所はもちろん、ブラチスラバ旧市街です!



昼過ぎに訪れた際に、決めていました!!



テラス席でかつ、スロバキア料理が食べられるレストランを発見したので、そこで夕食にしました。



ただ残念なことに、写真を失念。。



何を注文したかもはっきり覚えていませんが、昼もろくに食べていない私たち2人でがっつり食べて、ビールも飲んで28ユーロでした。



割り勘したので、約1,800円!



スロバキアは東欧ということもありますが、ヨーロッパの中では物価が安い国の1つだと改めて実感しました。




ブラチスラバは日帰り観光で十分満足できます:まとめ



本日はスロバキア観光として首都ブラチスラバを観光した模様をお伝えしました。



昼から観光を開始しましたが、スロバキア観光の目的は全て達成!



結論として、

ブラチスラバは1日あれば十分観光できます!!



交通機関を使わずに徒歩で観光しましたが、路線バスや電車を使えばもっと効率的に観光できますし、交通機関はかなり安く利用できるので、がんがん利用することをお勧めします。



メルヘンチックな場所が好きな方は中世の街並みが残る「ブラチスラバ旧市街」、そしておとぎ話に出てきそうな「聖エリザベス教会」など楽しめると思います。



そして!!?



スロバキアブラチスラバだけではありません!



天空の城といえばペルーのマチュピチュですが、実はスロバキアにも存在します!!



スピシュ城の外観



世界遺産にも登録されているスピシュ城です!



ブラチスラバから少し距離がありますが、スロバキアには他にも見所がたくさんあります!!



最後に、

東欧やヨーロッパ周遊をされる予定の方は、ブラチスラバに限っては1日あればサクッと観光できるので、予定に組み込むことをお勧めします。



というわけで、本日は以上です!



次回の旅行記も楽しんでもらえると幸いです。


では!!


最近、押されてませんが、、、

ブログ村のランキングに参加しています!


私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



※スターが付けられない場合があります。
ブックマークでコメントもらえると嬉しいです!