【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

ブダペスト観光|絶品スイーツ「クレーメシュ」を食べなきゃ後悔します!

こちらの記事では、ブダペスト観光で外せない絶品スイーツについて紹介します。



まず初めに、
私の個人的な評価はこんな感じです👅


  美味さ★★★★★
ボリューム★★★★★
 待ち時間★★☆☆☆
  雰囲気★★★★☆
   価格★★★★☆
   総合★★★★☆



辛口評価ですが、、
味は文句なしで美味しいので、辛党で甘いものが苦手な方にもお勧めします!




ルスヴルム (Ruszwurm)は甘党でなくとも外せない老舗カフェ

ルスヴルム (Ruszwurm)のクレーメシュ


ブダペスト観光では多くの観光スポットを訪れてハンガリー料理も楽しまれると思いますが、デザート・スイーツも忘れずにチェックしましょう!




ルスヴルム (Ruszwurm)について



今回ご紹介するルスヴルム (Ruszwurm)は1827年創業の老舗カフェです。



老舗と書きましたが、

ハンガリー最古のパティスリーです!!



王宮の側にあることから、
創業当時にはエリザベート王妃にも贔屓にされていたそうです。



こちらでは様々なスイーツと美味しい飲み物が頂けますが、その中でもクレーメシュが絶品スイーツということで大人気です。




実際に訪れた感想



今回、私が実際に訪れた実体験をもとに評価した内容に基づいて紹介します。




ルスヴルム (Ruszwurm)の雰囲気


まずはお店の入口について。



ルスヴルム (Ruszwurm)入口



全体を載せられませんでしたが、店の外にも席が設置されています。



ルスヴルム (Ruszwurm)店内



店内はこじんまりとしてますが、壁には過去の写真なども飾られており、歴史を感じさせる雰囲気があります。




クレーメシュについて



クレーメシュとは、バニラカスタードを薄いパイ生地ではさみ、粉砂糖を振りかけた四角いケーキのことです。



注文したクレーメシュはこちらです!



ルスヴルム (Ruszwurm)のクレーメシュ



クレーメシュのレシピは創業以来、変わらずです!




ルスヴルム (Ruszwurm)のクレーメシュ側面




側面を見ると分かると思いますが、カスタードが分厚い層で出来ていて迫力があります。




ルスヴルム (Ruszwurm)のクレーメシュ一口サイズ




また、カスタード層はふわふわで海外では珍しく、甘さも控えめなので胃もたれの心配もありません。



ボリュームが結構ありますが、スイーツ好きはもう1つ注文しても大丈夫なくらいです。



私は普段、大食いですが1つで十分満足できました。




クレーメシュのお値段



クレーメシュのお値段は、



なんと!!?



たったの、550フォリント(約190円)です!



クレーメシュは低価格なスイーツなので、ルスヴルム (Ruszwurm)でも同様に安く提供されています。



人気店にも関わらず良心的な値段なので、コーヒーやレモネードなどドリンクと一緒に注文されてもコスパ良いですよ。



メニュー表を載せておきます👅

ルスヴルム (Ruszwurm)のメニュー表

※物価で値段表記(フォリント)が変更になる可能性があるので、日本円で約200円と覚えておきましょう。




ルスヴルム (Ruszwurm)店舗情報



■営業時間

毎日:午前10時〜午後7時

年中無休です。



■店舗の場所

漁夫の砦とマーチャーシュ聖堂のすぐ側です。

地図を載せておきます👅




ちなみに、店舗外から見た風景はこんな感じです👅

マーチャーシュ聖堂のある広場



観光スポットのマーチャーシュ聖堂のすぐ側なので、観光の後の休憩時に利用しても良いかと思います。




注意事項


ルスヴルム (Ruszwurm)は地元の方にも愛される人気店であり、観光客も大勢訪れるのでいつも満席状態です。



席に案内されるのも30分以上、待たされる場合もあり、また注文してから提供されるまでにも時間が掛かるので時間に余裕を持って訪れましょう。



王宮の丘の側であり、夜景を見るために多くの観光客が訪れるエリアでもあるので、夕方も並ぶ可能性が高く、早朝が一番混まない時間帯になります。




絶品スイーツ「クレーメシュ」を食べなきゃ後悔します:まとめ



本日はブダペスト観光で外せない絶品スイーツとして、ルスヴルム (Ruszwurm)のクレーメシュを紹介しました。



実は、私自身が辛党なのですが、、スイーツを食べて久しぶりに感動しました!



こちらは、日本のガイドブックに掲載されているだけでなく、老舗カフェとしてブダペスト市民からも支持を得ています。




ブダペスト観光で旅行者は必ず訪れるブダ城(王宮)そして漁夫の砦とマーチャーシュ聖堂のすぐ側に位置しているので、アクセスしやすく観光の休憩に訪れることもできます。



ブダペスト最古のパティスリーであり、『世界最古』など最古好きな方にもお勧めできるので、絶対にスイーツは食べない!という方も飲み物だけでも注文されると良いかと思います。



個人的には、見た目と違って甘さも程よく、ふわふわの弾力、そして食感にも感動すると思うので、騙されたと思って食べないと、、


後悔すると断言できます!!



というわけで、本日は以上です。



この記事が少しでも旅行の役に立てば幸いです!


では!!



ブログ村のランキングに参加しています!
クリック1つで私の順位が上がります!!
(登録一切なし)

私の記事が面白いと思ってくれた方、、、
『一人旅』をクリックしてまた戻ってきてくれると、
本当に喜びます!!(応援お願いします)

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


このブログは「はてなブログ」で運営しています。
はてなブログの方、読者登録も願いします🙏

※私のモチベーションも上がります!



最後のさいごに、

Twitterを開設したので、こちらをフォローして頂けると嬉しいです!
ゾノ(@Zono_travel



基本的にはブログ更新情報とポジティブな考え方を発信しています。そこまで頻繁にツイートしていないのでストレスにはならないかと思います。(保証します!)