【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

ラオス:ルアンパパーンでユートピアな生活を体験【21日目】

ラオス:ルアンパパーンでユートピアな生活を体験【21日目】

どうも本日はラオス6日目です。


本日は特に何もせず、ゆっくり過ごすことにしました。


記事としては内容が薄いと思いますが、旅の全てを紹介すると決めたので、少しばかりお付き合いください。
(おそらく、さくっと読めると思います)



今日の旅程について

まずは朝起きて、ホステルの朝食を食べて腹ごしらえ。






朝食の提供される時間は決まっていましたが、貧乏旅行の私には大助かり!



本日の目的はラオスらしく、まったり過ごしたいと思っていたので2つだけです。


  • バンビエンまでの移動について情報収集
  • 落ち着いたカフェを探す


この2つが本日の目的です。



というわけで、落ちついて情報収集もできるようなカフェに行くことにしました。


実は場所はもう決めてあります。




ユートピア」です!!




名前からして期待できそうなカフェです。


こちらはルアンパバーンでも人気のカフェだということは以前に情報収集した際に知っていたので早速、行くことにしました。



ホステルから近い距離にあるので歩いて行きましたが、少し入り組んでいました。



看板がいくつも出ていたので迷うことはないと思います。





歩いて10分くらいで目的地に到着。



入り口はこんな感じです👅





おしゃれなカフェで間違いなさそうな見た目。



そして中に入ると、


ユートピアという言葉が当てはまる光景が現れました!!





朝の9時半頃だったのでお客さんは全くいない感じでしたが、広々としています。






店内のソファー席、外のテーブル席、横たわってメコン川を眺めながら寛げる席などたくさんあり、誰でも気に入った席が見つかりそうです。




私は先程お伝えしたように、情報収集やブログを書きたかったので外のテーブル席に座りました。



最初は早朝にも関わらず日差しが強く暑かったので、屋根がある席に決めましたがそこは禁煙席になってました。。


というわけで日差しが当たらないでタバコが吸える場所を見つけてビールだけ注文。



扇風機がいくつかあったので、勝手に少し移動させて快適な空間を自分で演出。
(写真、見えづらいですがほぼ真正面に確保。。)


パソコン作業も捗りそうです。


補足ですが、ブログについては皆さんが今読まれているこの旅の記事を書くつもりだったのですが、ここでまさかの、1記事目を書き始めたところです。



本来はブログを毎日更新しながら旅をするつもりでしたが、記事を書くための時間を全く捻出できず、今に至ってます。
(旅しながら書いている人、本当に凄いと思います)



ちなみにWi-Fiも無料で利用できました。



ビールを飲みながらブログを書いて、少し疲れたら、メコン川 ナムカンリバー(Nam Khan River)を見ながらリラックスタイム。
メコン川と交わる、ナムカンリバーの間違いでした、、)


めちゃめちゃ幸せな時間が過ごせました。


酔ってばかりでは頭が回らないのでコーヒーも注文。




観光しないでただ単に寛ぐだけの滞在の素晴らしさを、少し実感できました。



結局、午後5時過ぎまでこちらで過ごしました。


なんとトータル、約7時間!


あっという間に時間が過ぎるとはこのことを言うのだと思いました。



肝心のバンビエンまでの移動についてはまだ調べがついてませんでしたが、店を出た後に格安の代理店を発見。




これまでのルアンパバーン滞在で、代理店を通りかかった際にプライスボードが店先にあった際に写真を撮っていたので費用を見比べましたが、一番安い!!


という事でこちらで予約をすることに。


誰もホステル受付付近にいなかったのですが暫くして店のご主人登場。


こちらのホステルに泊まっているわけではありませんが、予約は可能と。


しかも明日の予約もできるとの事で、早速、お願いしました。


値段は90,000キープ(日本円:約1,150円)



本当にめちゃめちゃ運が良い!


格安のため、私が泊まっているホステルではなく、こちらのホステルまで向かう必要がありますが、歩いて10分も掛からないので全くのノープロブレム。


移動が明日に決まったので、本日でルアンパバーンが最終日となることが決定。



今回の度はスケジュールを正確に決めずに、臨機応変に動いているの移動を明日することに今、決めました。


という事で最後にナイトマーケットでお買い物。



東南アジアっぽい服が欲しかったので、良さげなものを2着購入。



もちろん値引きしてもらいました。


それから暫く、ルアンパバーン最後の夜を惜しみつつ散策。


記事を短くしたいので、紹介は別記事でする予定です。




夕食は、2日前に市場でビーフジャーキーを柔らかくして更に美味しくした感じのもの(名前不明)を買っていたのでそれを食べていたらお腹いっぱいになったのでセーブ(節約)しました。





節約と言いながら、ホステル近くのカフェでビールを注文。




こちらのビールはルアンパバーンでも珍しい銘柄です。飲みやすくて苦味が全然なく美味しかったです


ルアンパバーン、最後の夜をビールで締めて本日は終了です。




最後に

ルアンパバーンでの滞在らしく、本日はまったり過ごしました。

ルアンパバーンの何が良いか?



答えは「居心地の良さ」


だと思います。



そんな居心地の良さなんて、日本でもどこでも体験できると思っていた私ですが、、


観光スポットを弾丸でまわったり、きつきつのスケジュールで行動するのも楽しいですが、

物価の安さ、おしゃれなカフェも多く世界遺産の街らしい街並み、程良いアクティビティ、これらが相まって多くの方が魅了されるのかなと感じました。


明日はバンビエンに移動となります。

ルアンパバーンとの違いも含めて紹介したいと思うので、是非、明日もよろしくお願いします。

では!