【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

【ラオス】ビエンチャンで一人旅にお勧めのホステルを紹介!

f:id:My-my-life:20200118175245j:plain

ラオスビエンチャンバックパッカーにお勧めのホステル


今回お勧めするホステルはビエンチャン市内中心部に位置するドミトリータイプの Sailomyen Hostel です。


外観は少し寂しい感じですが値段も安く、室内も綺麗で、観光や夜遊びに最適だと思えたのでご紹介します。




ホステルの場所について


住所:Ban Sailom, ChanThaBooRee District, 01160 Vientiane, Laos


https://goo.gl/maps/unVbTAWwCTJ8A5bv6goo.gl


地図も載せましたが、市内中心部に近く観光に最適なロケーションです。


見た感じ、お洒落には見えませんが、ホステル内は清潔感がありました。




お勧めするポイント

店内の雰囲気


ドミトリータイプのホステルはバックパッカーが多く宿泊されますが、清潔さも1つのポイントだと思います。


その点、こちらのホステルは1階にカフェも併設されており、お洒落な雰囲気なだけでなく、ホステル内も清潔感がありました。





また実際にバックパッカーの旅行者にも人気があるので、こちらで様々な国の方と会話をしたり仲間も作れそうです。




ホステルの設備


いくつか写真を撮ったので紹介します。



肝心のベッド周りについては至って普通。



シーツも汚くはなく、ベッドの広さも普通で、電源も完備されています。


また見えづらいかもしれませんが各自の荷物を保管するロッカーも小さいながらありました。


スーツケースが入る大きさではありませんが、貴重品を保管するには十分な広さです。


水回りは特に不満なく、汚い印象は無かったです。




シャンプー類も一応完備されていました。



ちなみに全館禁煙となっており、タバコを吸う方はホステルの外に喫煙場所があります。

逆にタバコを吸わない方はこちらのホステルでタバコの匂いに悩まされることはありません。


またフリーWi-Fiも完備されており、電波は強かったのでネット検索では全くストレスを感じなかったです。





宿泊料金(朝食込み)


1泊:73,000キープ(日本円で約910円)


私が実際に宿泊した2019年5月の情報になります。


この料金に豪華ではありませんが朝食が付きます。



料理よりもコーヒー類が無料で飲めることが有難かったです。


カフェが併設しているだけあり砂糖入り、ブラックなど種類もいくつかありました。



値段は変動があると思うので、直近の料金はこちらで確認してください。

www.booking.com




ホステル周辺の夜遊びスポット


市内中心部でロケーションが良いので、徒歩かトゥクトゥクを利用して簡単に夜遊びスポットまで向かえます。


また有名なマッサージ店(男性御用達)はホステル前にある道路を渡った向かい側にあります。





空港までのアクセス


立地でもう一つお勧めしたいのが空港までのアクセスです。


先程紹介しました向かい側の建物内に空港までのバス停留所があります。

重たい荷物がある方、空港まで少しでも節約して向かいたい方はバスで空港に行くことができます。






最後に


私は節約旅行をした際に実際に2泊、こちらのホステルにお世話になりました。


宿泊先を決める際に、宿泊料金・設備・ロケーションの3つは最低限のポイントだと思いますが、どれも満足できる内容だったので今回紹介することにしました。


ビエンチャンを訪れる方にとって宿泊先の参考になれば幸いです。

では!


www.booking.com