【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

【海外旅行】一人旅(バックパッカー)向けの世界の歩き方

日本にいるだけじゃ勿体無い!!『100日間バックパッカー世界周遊』で『旅の楽しさ×旅の知識』を共有します。

マレーシアからベトナムのホーチミンへ【1日目】

マレーシアからベトナムホーチミンへ【1日目】

本日の記事がこのブログを開設をして初めての記事となります。



これから東南アジアを周遊する予定で、その模様を全てご紹介します!



旅行記は初めて書きますがこの記事を通して一人旅(バックパッカー)や海外旅行に興味を持って頂けると幸いです。



また旅行記以外にも観光スポットや宿泊先、移動方法など旅のTipsも書く予定なので、

そちらもよろしくお願いします!!




ベトナム行きのチケット購入



旅行開始は2019年4月3日となります。



私はマレーシアに住んでいるので、マレーシアから1カ国目としてベトナム行きのチケットを購入しました。



世界地図を思い浮かべると分かるように、マレーシアとベトナムは意外と近いです。



ベトナムは日本の様に南北に細長い地形ですが、マレーシアから近く、そしてベトナム最大の商業都市であるホーチミンに向かうことにしました。



f:id:My-my-life:20190419235313j:plain
東南アジアの地図


航空券は日本でもお馴染みのLCCAir Asiaを利用しました。



知っている方もいると思いますが、

Air Asiaはマレーシアが本社の会社です。



チケットは直前に購入したにも関わらず、

257.90MYR(日本円:6,950円)でした。



LCCの場合、機内預け入れが別料金となってますが、手荷物が総重量7Kgをオーバーしていたので
別途15Kgまでの追加費用、そして機内食、座席指定も追加しての合計となります。



それらを含まない場合、搭乗する直前でも5,000円前後で購入できます。



ほんとLCCは安く移動できるのでバックパッカーの味方です!!



マレーシアのクアラルンプールを19:35発の便に搭乗し当日の20:40にホーチミンに到着しました。



約1時間のフライトとなります。




ベトナム入国について



続いて入国についてですが日本人の場合、

15日滞在以内であればビザ無しで入国できます。




15日以降も滞在したい場合はベトナム滞在中にビザ申請をされると滞在期間の延長が可能です。



私の場合は、15日も滞在する予定ではなかったのでビザ無しで入国しました。



ここで注意したいのが、入国する際に「必ず」帰りの航空券が必要になります!


旅行計画をしっかり立てていれば問題ありませんが、帰国及び出国が未定の場合は、日時変更できる航空券など購入する必要があります。



※「必ず」と先ほど書きましたが、実は私は出国時の航空券を購入しないまま税関の入国審査を受けました。



なぜか??



それはこのブログで情報(ネタ)として書きたかったからです!!



良いか悪いかは別として参考に記載します。

※万が一、税関で航空券が無い場合に入国できなければ、その場で購入すれば大丈夫だろうと考えて挑戦してみました。


ベトナム国内では日本そしてマレーシアのSIMは海外対応にしないとネット利用できませんが、写真のように税関の手前にはSIMカードを販売しているブースがあります。


f:id:My-my-life:20190420010107j:plain
見えづらいですが、奥に見えるのがSIMカードの販売カウンターです。



復路の航空券がないと入国できない場合、

『ここでSIMカードを買って、スマホで出国時の航空券をオンライン購入しよう!』

と、入国拒否といった最悪のケースは免れそうです。



そしてなんと!!?



私は、SIMカードも出国時の航空券も購入しないまま入国できました。


その内容については、1日目にして、記事が長くなるので今後ブログ内の別記事で紹介しますので暫くお待ちください、、、




両替について(空港編)



そしてホーチミンタンソンニャット国際空港に着いてから、1万円をベトナムドンに両替しました。


f:id:My-my-life:20190420010346j:plain

意外でしたが、レートは悪くなかったです。



余談ですが、

空港の両替はレートが・・・と思いのあなた!


裏ワザでもありませんが、有効情報をお伝えします。



それは、、、


単純です。 



免税店で買い物をすれば良いのです!!



仮に免税店で欲しいものが無くても、少額の商品を日本円(現金)で購入すれば日本円ではなく、ベトナムドンでもお釣りが貰えます。
※あまり高額だと紙幣がない場合があり、拒否される可能性あります



商品を現在の為替レートで購入できるので空港の両替所よりもお得ですよ。



私自身も免税店で「私にとって必需品の」セブンスターを1万円札で購入しました!



両替できたことよりも、

マレーシアでは売ってないのでめちゃくちゃ嬉しかったです!



f:id:My-my-life:20190420010700j:plain
2カートン購入後のお釣りでベトナムドンをGet!!




SIMカード購入について



そして続いて旅行中必須のSIMカードを空港内で購入。



貧乏旅行なので市内で購入しようと思っていましたが、意外と安かったので即買いしました。



値段は1ヶ月間有効で通話あり、4G回線で60GBデータ使用で180,000D(日本円:約900円)でした!


f:id:My-my-life:20190420010848j:plain
料金プラン


私はビザ無しで入国していますが、
滞在可能な最長15日でも使い切れないデータ容量かと思います。




空港から市内までのアクセス



ホーチミンの空港から市内まで大半の方がタクシーを利用されると思いますが、私は先程のSIMカードを購入したお店のスタッフにお願いしてタクシー手配を依頼しました。


なんと、SIMカード買ったので20,000ドン値引きしてくれました!!


ホーチミンのタクシーについてはぼったくりも多いと聞くので、客引きや客待ちのタクシー運転手に頼むよりも、空港内のタクシー手配サービス、そして私のような手配をお勧めします。



f:id:My-my-life:20190420011152j:plain
SIMカード購入先(到着後の空港の港内)



空港内のタクシー手配だと料金は200,000−400,000Dです。


そして私の支払った費用は値引きを含めて200,000D(日本円:約1,000円)でした。


タクシークーポンについてはホテルまでの料金を確認しなかったのでクーポン以上に得したのか良くわからないですが、、、



ちなみに、
配車アプリの「Grab」も利用できますが、
夜間は運転手が少ないのか、なかなか捕まらなかったです。



試しに一度、Grabも試しましたが、
ショートメッセージで値段を釣り上げる運転手にあたって少し憂鬱な思いをしたので夜間の利用はお勧めしません。



他にも比較的、信頼できるタクシー会社の停留所が空港出口から少し離れた場所にありますが、ホーチミン1区までは安くて150,000D(日本円 750円)前後で費用差もそこまで大きくないので、空港内でタクシークーポンを購入して予約する方が無難かと思います。




テルチェックイン後



最後にホテルにチェックインした後、遅めの夕食をと、バックパッカー通りを少し散策しました。



バックパッカー通りと言えば、タイのカオサン通りを思い浮かべるかと思いますが、
こちらのブイビエン通りも凄かったです!!



何が凄いかというと、、

狭い道にBarや飲食店が連なっており、建物の看板のネオンが妖しい雰囲気を晒しています!


そしてクラブ系の音楽が爆音で色んなお店から聴こえてくる、お世辞にも居心地の良くない場所でしたが、
店内よりもむしろ店外で大勢の方が食事をされていました。。


またそんな狭い路地ですが、
これまた大勢の人とそして歩行者天国ではないのか、
車やバイクまでもが横切るという、カオサン通りに劣らないカオスな光景がありました!!


以下がブイビエン通りの写真になります👅
f:id:My-my-life:20190423153056j:plain


f:id:My-my-life:20190423153149j:plain



短いですが、動画も撮りました。

【2019年ベトナム】ブイビエン通りのカオスな光景

ブイビエン通りの人混み、半端ないです。。


ちなみに私が食べたレストランでの食事はこちらです。
f:id:My-my-life:20190420011353j:plain
※店舗写真、撮り忘れました、、




そして宿泊したホテルは実はこの通り沿いにありましたが、
貧乏節約旅行をされる方にお勧めできると思ったので、別記事で紹介します!


と言う訳で1日目は終了です。

2日目以降も全て掲載していきますので今後ともよろしくお願いします。

では!